<ザ・プレーヤーズ選手権 最終日◇10日◇TPCソーグラス(7,215ヤード・パー72)>
 数々の名勝負を生んだソーグラスの17番。今年、その歴史に新たな1ページが書き加えられた。
 フロリダ州にあるTPCソーグラスで開催されている「ザ・プレーヤーズ選手権」最終日。7アンダーの11位タイからスタートしたリッキー・ファウラー(米国)がプレーオフを制し、見事ツアー2勝目を挙げた。
 今日のソーグラスは元々の難しさに加え、グリーンは硬く早い仕上がり。そんなコンディションに多くの選手が苦戦。上位勢がスコアを伸ばしあぐねる中、ファウラーは上がり4ホールで1イーグル・3バーディと猛チャージ。トータル12アンダーでセルヒオ・ガルシア(スペイン)、ケビン・キスナー(米国)とプレーオフに突入する。
 今大会のプレーオフは16番から18番の3ホールでのストロークプレー。16番は3人ともパーとして迎えた17番。ファウラーがティショットで果敢に攻めピンに絡めると、キスナーも負けじとスライスラインを読みきりバーディ。ガルシアはこのホールでバーディを奪えず一歩後退すると、続く18番でも唯一チャンスにつけたもののパットは無常にもカップの左へ。ガルシアが脱落し、プレーオフはファウラー、キスナーの2人でサドンデス方式へ。
 サドンデスは17番、18番、16番と勝負が決まるまで繰り返していく。だが、その1ホール目、名物ホールであっさりと決着は付いた。「相手が良いショットだったので、僕も負けないように」とファウラーが気合いを入れて放った打球は1メートルにピタリ。ウイニングパットを決めると3年ぶりの2勝目を噛み締めるように、何度も何度も拳を握り締めた。
 昨年は4つのメジャー全てでベスト5に入る等、期待されていたものの中々届かなかった2つ目の勝ち星。その待ちに待ったトロフィーをやっと手にすることができた。ホールアウト後のインタビューでは「調子はずっと良かったし、自信を持ってできた。大きな大会に勝てて嬉しいね」と喜びよりも安堵の表情を浮かべたファウラー。来週は2012年に初勝利を挙げた「ウェルズ・ファーゴ選手権」。良いイメージのある大会で2週連続優勝を目指していく。
 アンダーの11位タイからスタートした石川遼は、スコアを1つしか伸ばせなかったものの今シーズン初のベスト10フィニッシュ。ラウンド後、自身の公式サイトで「今日はアプローチとパットで拾いまくりだったので、スコアを伸ばせる要素があまりなく悔しかったです。また来週もがんばります!」と感想を綴っている。
 松山英樹はスコアを3つ伸ばしトータル6アンダーの17位タイで、初日にトップに立った激動の大会に幕を閉じた。世界ランキング1位のローリー・マキロイ(北アイルランド)は2つ伸ばしてトータル8アンダー8位タイ、タイガー・ウッズ(米国)は最終日もスコアを伸ばせず、トータル3オーバー69位タイで戦いを終えている。
【最終結果】
1位:ケビン・キスナー(-12)
2位T:リッキー・ファウラー(-12)
2位T:セルヒオ・ガルシア(-12)
8位T:石川遼(-8)
8位T:ローリー・マキロイ(-8)他
17位T:松山英樹(-6)他
69位T:タイガー・ウッズ(+3)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>