美人の湯をイメージした温泉宿を思わせる入浴剤

写真拡大

バスクリンは、旅行気分を味わえる入浴剤シリーズとして「バスクリン くつろぎの宿 さっぱり仕立て」を2015年5月13日に数量限定で発売する。

温泉に関する意識調査によると、温泉は"くつろぎ"や"癒し"の場として、89%の人が夏でも温泉に行きたいと回答しているという。このような背景から、「美人の湯」をモチーフに夏でもさっぱりとした感触の入浴剤を開発した。

長年の入浴剤研究の成果を活かし、美肌の湯の代表的湯質「重曹湯」をイメージ。天然クレイ成分ベントナイトを配合することで、すっきりさらさらな湯上り感を実現した。開放的な露天風呂をイメージした、すっきりとした爽やかな清風の香りと、ほんのり薄めの白濁の湯が温泉宿を思わせ、ほっとするひとときを提供してくれる。

さらに、肌や環境にもやさしく、残り湯は洗濯にも使用できる。