PCとストレージデバイス接続、動画や写真、音楽ファイルを保存

写真拡大

パソコン(PC)用周辺機器などを手がける恵安(東京都豊島区)は、Windowsタブレット「KEM-89B」を2015年5月初旬に発売。価格はオープン。

マルチタッチ対応、広視野角の8.9型IPS液晶(1920×1200ドット)を搭載。OSは「Windows 8.1 with Bing」をプリインストールする。CPUはインテル製クアッドコア「Atom Z3735F」(1.33GHz)。メモリーは2GB DDR3L、内蔵ストレージは32GB eMMC。PCとストレージデバイスとして接続し、動画や写真、音楽ファイルなどを保存できる。無線通信はIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、Bluetooth 4.0をサポートする。前面と背面に200万画素のカメラを搭載する。

インターフェイスはmicroHDMI×1、microUSB 2.0×1、USB 2.0×1、microSDカードスロット×1、ヘッドホン端子×1、専用キーボード端子×1。バッテリーはリチウム電池を内蔵し、容量は5600mAh。サイズは231(幅)×152(高さ)×10(奥行)ミリ。重量は480グラム。充電用ACアダプターとUSBケーブルなどが付属する。