未来のウェアラブルは「爪」に宿る──指先のトラックパッド

写真拡大

「ハードウェアが小さく、薄く、柔軟になればなるほど、個人向けのテクノロジーはコスメ業界からより多くの発想を得るようになる」。そんな仮説のもとにMITのふたりの研究者がつくり出したのは、爪につけるトラックパッド「NailO」だった。

朝起きたら、まずスマートウォッチを着け、爪に電子ステッカーを貼る──。

「未来のウェアラブルは「爪」に宿る──指先のトラックパッド」の写真・リンク付きの記事はこちら

MITの研究者シンディ・シンリウ・カオとアーテム・デメンティエフが思い描くのはこんな未来だ。ふたりが開発したのは、「NailO」と呼ばれる親指に装着するトラックパッド。PCのトラックバッドやマウスと極めて近い機能をもっており、日々の生活で使うガジェット類の、補助的な入力装置として働くものだ。

彼女たちの目的は、テクノロジーがわたしたちの体にかつてないほどの近さで密着するときに、どんな姿になるかを探ることである。そうしてふたりは、「ハードウェアが小さく、薄く、柔軟になればなるほど、個人用のテクノロジーはコスメ業界からより多くの発想を得るようになる」という仮説を立てた。未来のウェアラブルデヴァイスはロレックスではなく、ネイルシールのような外見になるだろうという。

無限に広がる使い方

NailOの内部には、電子装置がぎっしりと詰め込まれている。表面にはスマートフォンの画面と同じセンサーが使われ、バッテリーやマイクロコントローラー、Bluetoothチップも内蔵している。Bluetoothが使えるあらゆる装置に、NailOは接続することができる。

NailOの試作1号機は、上下左右の方向へのスワイプと押下という、5つのジェスチャーを認識する。これにより両手がふさがっているときでも、電話やコンピューターを操作することができるのだ。「まるで第3の手のようにね」とカオは言う。

NailOはプログラミングさえすれば、あらゆることに応用可能だ。いま、カオは人差し指から小指までずらりとNailOを装着して過ごしており、それぞれの指に個別の機能を割り当てるアイデアを試している。例えば小指をタップしてSpotifyの楽曲を切り替え、親指を上にスワイプして音量を上げるといった具合だ。

彼女はまた、それぞれの指を使って特定の人に電話をかけられるようにすることも考えているという。「薬指は結婚相手で、中指は嫌いな人に割り振るとかね」と、カオは笑いながら話す。

だがNailOの真の価値は、より目立たずにガジェットを操れるようになることだろう。音声コントロールやスマートウォッチと違って、NailOは静かに、人に気付かれずに使うことができる。「メッセージを受け取りました。後ほどお返事します」と、会議中に指をタップするだけで返信できたらどうだろう。ほかにも多くの人が、NailOを使ったアプリを思いつくはずだ。

テクノロジーのキャンパス

ウェアラブルテクノロジーが盛んに論じられているが、体そのものを操作の場にするという発想はあまりない。皮膚をスマートウォッチの拡張画面として使うとか、電子タトゥーを体に施すといった話ならば聞いたことがある。しかし、NailOはそこまでサイボーグ的というわけでもない。

関連記事皮膚の下に埋め込む「デジタル・タトゥー」

親指に装着するトラックバッドが、未来の入力装置になるかどうかはわからない。しかし、コスメ業界から新しいウェアラブルデヴァイスが生まれるというカオの考えは面白い。ネイルやピアスというのは移植に次いで、物体が人間の身体に最も近づく場面なのだ。そして彼女が指摘するように、爪は小さな電子機器を設置するのにうってつけの場所である。比較的平らで、ウェアラブルデヴァイスから不快な刺激を受けるような末端神経が存在していない。

現実的にいえば、NailOが実用化されるためにはまだまだ改善しなければいけないところはある。しかしいつの日か、わたしたちの体が“テクノロジーのキャンバス”になるかもしれないという考えには、注目せずにはいられないだろう。

TAG

MITWearable DeviceWIRED US