マシュー・マコノヒーと渡辺謙が初共演、富士の樹海が舞台の映画で。

写真拡大

マシュー・マコノヒーと渡辺謙が初共演を果たした、ガス・ヴァン・サント監督最新作「The Sea of Trees」(原題)が、2016年に日本公開することが決定した。

ハリウッド業界内で、製作前の脚本の人気投票が行われる「Blacklist」。過去には「スラムドッグ$ミリオネア」「英国王のスピーチ」「アルゴ」など、アカデミー賞作品賞に輝く作品が存在した。本作は2013年度のこの「Blacklist」に選出されていた脚本の映画化だ。

監督は、アカデミー監督賞にノミネートされた「グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち」「ミルク」で知られるガス・ヴァン・サント。主演は「ダラス・バイヤーズ・クラブ」でアカデミー賞主演男優賞を受賞したマシュー・マコノヒー。そして「ラスト・サムライ」で助演男優賞にノミネートされ、現在NYブロードウェイで上演中の「王様と私」ではトニー賞主演男優賞にノミネートされている渡辺が初共演を果たしている。

なお、本作は、本年度カンヌ国際映画祭のコンペティション部門での正式上映が決定。5月16日(現地時間)に公式上映される。

☆「The Sea of Trees」(原題)ストーリー

人生に失望し、自分の命を絶つ為、自殺の名所として有名な富士の樹海にやってきたアメリカ人男性アーサー(マシュー・マコノヒー)。森林の奥地までたどり着くものの、同じ目的でその場所を訪れていた日本人男性タクミ(渡辺謙)に出会う。
その彼は、一時自殺を決意したが、その気持ちを変え妻子の元へ戻ろうとしており、樹海から抜け出すために助けを求めてきた。
怪我を負っているタクミを放っておくことも出来ず、自殺を遮られたことでアーサー自身も死ぬことを決意するまでの出来事を考え直すようになる。
アーサーとタクミは互いの事を打ち明けつつ、極寒の森を脱出するための、サバイバルな旅が始まり、人生を見つめ直すようになる。