50万個以上のレゴで作られた「空気」で走る自動車!ガソリンはもう要らない!?

写真拡大

エンジンまでレゴでできてます!しかもこれ、ホントに運転できるだけでなく、「空気」で動いているのだとか…。

Reference:Steve Sammartino

Reference:The Adaptors

製作したのはオーストラリアの発明家Raul Oaidaさん21歳。動画内のインタビューではこんなことを語っています。

「何か人々の創造力に訴えかけるものをつくりたかった。空気で走る車を作ったのは、その存在を知ってる人が全然いなかったから」

時速30km以上出るようですが、レゴでできているためそれ以上は怖くてだせないのだとか…。

では、実用的じゃないの?と思いきや、これはあくまでレゴバージョン。彼は動画でフランスの大手自動車メーカー「Peugeot(プジョー)」について触れています。

Reference:PSAPEUGEOTCITROEN

同社が2013年に発表した空圧式エンジン搭載のハイブリッドカーは、2016年の発売が予定されており、街中を走る際にはガソリンの消費を45%も削減できるそう。

しかし、これもまだまだ序の口。空気のみで走れる車もすでにあるんです。

 70kmでる!
空気で走る車「Air Pod」

Reference:Dale Hyde

インドの「TATA MORTORS」がフランス企業「MDI」と共同開発した自動車「Air Pod」は、175リットルの圧縮タンクを満タンにすることで、200km以上もの距離を走ることができるというもの。空気だけで走れるとは思えない距離。

しかも、タンクの充填にかかる時間はたったの2分、かかる費用も1ユーロ(約130円)!コストパフォーマンスはもちろん、温室効果ガスを排出しないという点では最強のエコカーと言えるのかも。

空気だけで動く車と言うと、とても未来的な印象があるものですが、レゴカーをつくった彼の言うように、まだ知られていないだけのよう。

それでも今使われているような車のシステムを全て空気だけで何とかするのは難しいかもしれませんが、今後は電気とのハイブリッドなどいろいろな方法が考えられそうです。

Reference:Upworthy  , PSA Peugeot Citroën