アニメ『艦隊これくしょん -艦これ-』公式サイトより

写真拡大

 先日、リテラに『刀剣乱舞(とうらぶ)』が牽引する日本刀ブームに関する「"女子の刀剣萌え"に騙されるな! 日本刀ブームとネトウヨの根っこは同じだ」なる記事が掲載された。強引な論理展開で日本刀とネトウヨ思想を結びつけ若者の右傾化を憂うというありがちな文章だ。

 記事を読んでみると、刀剣ブームは浅薄な歴史認識がベースになっているから危険、ネトウヨと根っこが同じということらしいが、そもそも歴史認識が浅薄な人間がすべて歴史修正主義やネトウヨ思想に走るわけではない。日本の歴史をまったく知らないまま素朴に戦争反対を口にする人間もいるし、逆に歴史の真実に目を背けたまま「反日死ね」「在日は出て行け」と差別的言辞を叫ぶ人間もいる。それだけのことだ。

 だいたい、知識が浅いのはこのライターの方だろう。刀剣の歴史をきちんと検証もせず、たんに靖国神社や右翼が引き起こした事件に登場するというだけで、右翼思想の象徴と決めつけるのは妄想としか思えない。

「日本刀」というアイコンがネトウヨの薄っぺらい自意識を掻き立てると述べているが、他人の自意識を心配する前にまずは自分の文章の薄っぺらさを心配するべきだ。

 あげく、美少年のアナロジーとして日本刀に萌えている『とうらぶ』ファンにまで「アブナい」とカラむ始末。いったい『とうらぶ』の設定や構成のどこに右傾化の要素があるのか。

 こんなヨタ記事に対して「日本刀は平安時代からあったもので短絡的に戦後右翼と結びつけるのは......」「刀剣乱舞は日本刀の精神性がどうこうという話ではまったくない」などとマジレスしてくれているネットユーザーの優しさには逆に感動すらおぼえるほどだ。

 だが、サヨク界隈ではこの記事に限らず、こういう短絡的な決めつけをしばしば見かける。たとえば、ミリタリーオタクを右傾化の表れなどという論調もそのひとつだ。

 実際はミリオタと言っても、第1回十字軍に参加した貴族たちの動向を1日単位で把握しようと資料を読み漁る戦史系ミリオタから、軍服や銃器が好きでソ連軍の軍服やモデルガンを揃える装備系ミリオタまでその種類は様々だ。戦艦や戦車に機能美・造形美を見出すタイプの兵器系ミリオタにとっては国家のイデオロギーや思想など知ったことではない。むしろ戦争をしたら大事な兵器が壊れてしまうので戦争反対を唱えるミリオタは珍しくはない。

 そういった実情を把握せずに若者の間でミリタリーファッションやら軍事シュミレーションゲームが流行っているのは社会の右傾化を示す兆候だと叫ぶおっちょこちょいは小バカにされても当然だろう。

 だが、これが『艦隊これくしょん』となると、話は別だ。少なくともアニメ版『艦これ』を見る限り、サヨクの偏見や妄想とはまったく関係なく、その底流に歴史修正主義があると考えざるをえない。

『艦これ』アニメの基本設定は在りし日の軍船の魂を持つ「艦娘」たちが人類から制海権を奪った「深海棲艦」と戦うというもの。深海棲艦は基本的に意思疎通が不可能なエイリアンという設定だが、しかし、作中で戦闘になる戦場の多くは旧日本軍が太平洋戦争で戦った戦場と同じだ。ストーリーも何故か太平洋戦争をなぞっていく。そのうえで、史実とちがう展開がところどころに入り、歴史上では大敗したミッドウェー海戦をモチーフにしたと思わしき戦闘で大勝利してしまうのだ。

 第3話の「W島攻略作戦」はウェーク島攻略作戦をモチーフにしており、実際の戦争で沈んだ戦艦と同じ名前の艦娘が海に沈む。轟沈の仕方は異なるものの、これは歴史に沿ったストーリー展開だった。

 だが、第7話からは史実から微妙に外れ、日本にとって都合の良い展開が始まる。轟沈したはずの艦娘が沈む描写もなく大破しただけで終わり、また史実では日本海軍の暗号は解読されこれもミッドウェー敗戦の原因の一つと言われているが、このアニメでは暗号が解読された事態に備えようとする。

 また初めて日本本土が空襲されたドーリットル空襲を再現したと思われる鎮守府への直接攻撃でも、建物が壊滅しただけで艦娘からは負傷者はまったく出なかった。

 そして第11話・第12話(最終回)になって、艦娘たちは「強い力」によって何故か第二次世界大戦と同じような行動をとってしまうのだが、主人公の吹雪の行動は「定めの軛」に抗うことができるという設定が明かされる。敗戦へのターニングポイントになったとして有名なミッドウェー海戦を再現した戦闘で、一度、艦娘たちが負けそうになったところに主人公たちが駆けつけ、欠乏していたはずの物資が急に湧き、本来ミッドウェー海戦に参加できなかったはずの艦娘の修理が間に合って、歴史ではその2年後に就役するはずの大鳳が登場。犠牲を出さずに完全勝利するのだ。

 以上が『艦これ』アニメの流れだが、そこからはどうしても、負けた戦争になんとかして勝ち、敗戦の記憶を塗り替えようとする意志が伝わってくる。

 かつて第二次世界大戦を舞台にした仮想戦記という自己慰撫的なジャンルが流行した時期があった。現実の歴史を知る現代人が第二次世界大戦前にタイムスリップ又は記憶を保ったまま転生して日本を勝利に導いたり、一隻で艦隊を滅ぼせる架空の超兵器やアメリカより先に開発した原子爆弾などを用いてアメリカを蹂躙し日本が大勝利するというのがお決まりのパターンで、まあ、まともな知性を持った人間なら1ページ読むのも苦痛になるような三流の愛国ポルノだ。

 しかし、『艦これ』アニメにはこうした仮想戦記と共通する部分があり、実際、ミッドウェー海戦で日本が勝利するという先述した結末も、これら仮想戦記と共通している。

 歴史を変えてでも第二次世界大戦に勝利したいという、この歴史修正の欲望ほど愚かなものはない。起こってしまった事実は変えようがないものであり、現代の人間が歴史を学ぶ上で重要なのは「なぜ当時の社会は誤った判断をしてしまったのか?」「同じ過ちを繰り返さないためにはどうすればいいか?」ということだからだ。そもそも歴史の流れを変えるというテーマに基づく物語を作るのであれば、なぜ第二次世界大戦という出来事そのものを回避しようという方向にならないのだろうか。国力の差を考えれば日本がアメリカに勝利する可能性など最初からなかったというのが常識的な結論だろう。

 それを後知恵で「あのときああしていれば勝った」としてプライドを維持しようとするのはまさに、歴史修正主義的発想としかいいようがない。

 前述のとおり、ミリオタは政治や歴史認識などどうでもよく兵器そのものを愛している層も多いため、こういった史実を塗り替えようというストーリーは必ずしも求められていない。にもかかわらず、こんな展開になっているのは、作り手が「戦前の日本は素晴らしかった」「日本が敗戦したのは何かの間違いだった」と考えている歴史修正主義的思想の持ち主か、あるいは、そういう思想をもったネトウヨをユーザー層と想定していたからではないのか。

 しかも、日本が太平洋戦争に突入していった時代の流れを「強い力」「定めの軛」と呼んでいるのも、太平洋戦争を「自存自衛の戦争」「大東亜共栄圏を作り上げる意義のある戦い」と叫ぶネトウヨのメンタリティそのものだろう。

 また、戦争の悲惨さ、残酷さがまったく描かれていないところにも歴史修正主義との共通点がある。制海権を奪われたのならば物資が欠乏し、悲惨な状態のなかで戦闘をしいられるはずだが、『艦これ』アニメで描かれる生活には窮乏した所がまったくない。鎮守府への直接攻撃でも、民間人への被害はまったく出てこない(というか、そもそも民間人が出てこないのだが)。戦争の負の側面を一切描こうとしないのである。

 日本刀や『とうらぶ』ブームと右傾化は何の関係もないし、ミリオタ=ネトウヨではないということも確かだ。また、『艦これ』をプレイしているユーザーもそうだろう。しかし、だからといって『艦これ』というコンテンツにそういう思想が入り込んでいないわけではない。

 擬人化美少女に萌えるのは大いに結構だが、萌えているうちに「日本が敗戦したのは何かの間違いだった」なんていう自己慰撫的思想にはまらないようせいぜい気をつけていただきたいものである。
(東池誠之)