スマホやタブレットで、いつでもどこでも「フォース」とともに

写真拡大

ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンは、史上初となる「スター・ウォーズ」シリーズ全6作品のデジタル配信を、「iTunes」「Amazonインスタント・ビデオ」「Google Play」「楽天SHOWTIME」の各動画配信サービスを通じて2015年6月1日に始める。

デジタルHD映像で配信も史上初 新たなボーナス映像も

12月18日に予定されるシリーズ最新作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の全世界同時公開を前に、テレビやパソコン、スマートフォンやタブレットで、「エピソード1/ファントム・メナス」「エピソード2/クローンの攻撃」「エピソード3/シスの復讐」「エピソード4/新たなる希望」「エピソード5/帝国の逆襲」「エピソード6/ジェダイの帰還」の過去6作を、「いつでもどこでも」観られる。

いずれも史上初のデジタルHD(ハイビジョン)映像での配信となる。また、これまでに発売されたビデオ、レーザーディスク、ブルーレイやDVDにも未収録の、新たなボーナス映像の配信も予定しているという。