「NHK ウイークリー ステラ」(5/7発売号)

写真拡大

週はじめの停滞感が嘘のようにドラマティックな朝ドラ「まれ」(NHK月〜土 朝8時〜)35話(5月8日金曜)。
20年来、確執があった母・幸枝(草笛光子)と娘・藍子(常盤貴子)がついに本音で激突。
孤独だった藍子が徹(大泉洋)と家族をつくり、能登で貧乏でも平穏に暮らしていたところに、幸枝が突然やって来て移住すると宣言し、みるみる希(土屋太鳳)や徹、村の人たちとも打ち解けていくのを見て、藍子はますます怒りを募らせます。
すると幸枝は、
「あなたはね 懐の広い 女のふりをして
徹を飼い殺しにしてるだけ。
徹の夢を 一番信じていないのは、
あなたじゃないの?」と強烈な一撃。
突如として、徹も希も、藍子の愛情によって夢に向かうことを阻まれていたという母親の家族への依存という病理に話が向かいます。
それはそれは深刻な問題を突きつけながら、
「だから徹だって どんどんつまらない男になっていく。」「夢だけがとりえだった男なのに。」などと徹に対してあんまりなことを幸枝に言わせ、くすっとさせるのは、脚本家・篠崎絵里子(崎の大は立のほう)の意図したことなのでしょうか。
さらに「この20年間、徹はよく言ってたわ」と言う幸枝。どれだけ密に徹と連絡とりあっていたのか、藍子の立場もありません。
自分で結婚式をすっぽかしておきながら、藍子をさらに傷つけ、確かにただの困った人に見えかねない幸枝に、文(田中裕子)は、
「ほの時 ほの時
あんたや きちんと伝えんさけ。
気持ちをちゃ 説明してやらんさけ
傷ついとるがでないがけ?」と助言。
幸枝も本心を言えない人だったんですね。
「何を伝えたって 言い訳にしかならないわ。」と強がる幸枝に、
「言い訳せな 駄目な時もあるわいね 人生には。」と文。
文も何も言わないタイプですのにね。
で「まれ」のいいところは、誰にもいい訳しないで突っ張ってきた幸枝の生き方を正しいとか間違っているとは決めないのです。
最後に、言葉にしない幸枝の愛情のすべてをキャロットケーキに託す。
名言、涙たっぷりで朝からお腹いっぱいの35話でした。(木俣冬)

【勝手に、今日の名言】
「愛情っちゅうがは目に見えんさけ
やっかいやわいね。」(文)

【勝手に、今日の小姑ツッコミ】
 幸枝の代わりに希がつくったキャロットケーキ。すごい、すごいと大騒ぎでしたが、上にのった幸枝の飴細工が派手なだけで、ケーキ自体は食べれば美味しいのでしょうが見かけは地味で目に入らないのでは。
(木俣冬)

タイトルバックに驚いた。NHK朝ドラ「まれ」1話をレビュー

お金がなくても生きていける「まれ」連続レビュー2話

朝ドラファンなら大泉洋と能年玲奈との共演作をチェックすべし「まれ」3話

ダメ男たちのドラマなのか「まれ」4話

いつも笑ってる家族が欲しかったら 自分でみんなを笑わせてみよう「まれ」5話

いよいよ土屋太鳳(本名)登場「まれ」6話

公務員の魅力をキラキラ語る土屋太鳳「まれ」7話

田中裕子の魔性について考えてみた「まれ」8話

「あまちゃん」との違いは時間の描き方なのかも「まれ」9話

本当の駄目人間とは「まれ」10話

こわくても夢をかなえたい「まれ」11話

地に足のついた「夢」を「まれ」12話

祭りん時の女の言葉をちゃ鵜呑みにしたら駄目やわ「まれ」13話

大泉洋の詩的な身体「まれ」14話

貧しいならではのお菓子作りを決意。名言炸裂「まれ」15話

いきなり見込みがあるかどうか聞いてくるようなやつには見込みなんかない「まれ」16話

常盤貴子演じる希のお母さんの驚愕の過去「まれ」17話

「聖者の行進」とは何の暗示か「まれ」18話

なあんもせんかったら怒られもせんけど仕事も覚えんわいや 「まれ」19話

大泉洋、門脇麦、田中泯、板尾創路…俳優たちの名言合戦「まれ」20話

やっぱり本当の家族が強いのか「まれ」21話

希家族、引っ越す「まれ」22話

ビジネスチャンスは規則の外にあるんだよ「まれ」23話

文さんクイズとは何だったのか「まれ」24話

タイトルに秘められた謎「まれ」25話

不吉な予感の「まれ」26話

国が悪いんげんよ「まれ」27話

「俺は漆にかぶれるんだ」板尾創路真骨頂「まれ」28話

金八の腐ったみかん、加藤登場に騒然「まれ」29話

漆もミルフィーユもレイヤー化する社会の象徴なのか「まれ」30話

フランスからおばあちゃん登場「まれ」31話

口ではなく手で「まれ」32話

卵は入れる前に常温に戻しておく「まれ」33話

夢と家族の大事さは比べられない、次元が違う「まれ」34話