"Dynamic China"(2014)

写真拡大

5月9日(土)から26日(火)にかけて、「世界一絵の上手い漫画家」としてネット上でも話題となった韓国出身のアーティスト・Kim Jung Gi(キム・ジョン・ギ)さんの個展が、東京・中野ブロードウェイ内のギャラリー・Hidari Zingaroにて開催される。

【その圧倒的画力に刮目せよ!「世界一上手い漫画家」キムジョンギ個展の画像・動画をすべて見る】

本展は、現代美術的な文脈から解放された、絵を描く開放感を主軸とした展覧会のシリーズ「GEISAI∞infinity」の一環であり、美術家・イラストレーターとして活躍するJNTHEDさんをはじめとした、注目のアーティストたちによるプロジェクトとなっている。



YouTubeには、彼のライブペインティングの様子をとらえた動画がいくつか上げられている。サラサラと細密なイラストを描き上げてしまう、圧倒的な画力がうかがえる。

これを下書きなしで書き上げてしまう画力とは……


"Warriors"(2013)



キムさんは、下書きなしで頭に浮かんだイメージを細密に描くという類まれなる技術で、世界中から注目を浴びているアーティスト。

『アイシールド21』や『ワンパンマン』で有名な漫画家・村田雄介さんや、『ストップ!!ひばりくん!』などの名作を生み出してきた江口寿史さんらも、キムさんの腕前を絶賛している。

キム・ジョン・ギさんの作品



キムさんは、普段から物事を注意深く観察することに長けており、ドローイングの際に下書きや参考画像を必要としないのは、常に視覚的に資料を収集しているからであるという。

2007年より出版している3冊のスケッチブックは、合計2,200ページ以上にもおよぶほどのボリュームとなっている。

今回の個展にあたって、キムさんは5月13日(水)まで日本に滞在予定で、画集の購入者を対象としたサイン会も行われるという。彼の圧倒的画力を間近で体感することができる、またとない機会となるだろう。