怖い......。世界的名将のどんぐりマナコはすべてを見通しているようだった。日本代表の選手を。日本ラグビーを。その行く末を。

 ラグビー日本代表のエディー・ジョーンズヘッドコーチ(HC)。オーストラリアはタスマニア州出身の55歳。父が豪州人、母は日本人。「日本ラグビーの歴史を変える」と宣言し、日本代表を上昇気流に乗せた。

 9月にイングランドで開幕するワールドカップ(W杯)に向け、宮崎市の合宿地で、ハードトレーニングが続く。アジアチャンピオンシップの試合の合間のGW。夏のような陽射しの下、セミの鳴き声に交じって、ジョーンズHCの声が飛ぶ。「はやく、判断!」「はやく、はやく」「もっとコミュニケーション!」

 練習は面白い。実戦形式のアタック練習で、ラグビーボールが突如、白い生卵に変えられる。時にはジョーンズHCが生卵を高々と放り投げたりもする。ハンドリングの練習だ。キャッチングが悪いと、生卵はグシャッと割れてしまう。"生卵"の狙いとは?

「2つ、ある。1つはキャッチする時のソフト・ハンズの練習です。やさしく捕ることが、どれほど大事なことかを選手に分かってもらいたかった。もう1つは楽しんでもらいたい。ハードトレーニングをしてほしいけれど、同時にラグビーを楽しんでほしい気持ちもある。楽しめると、より頑張れるから」

 W杯では「ベスト8」を目標に掲げる。そのため、考え抜いた練習と規律を課し、「100%の努力」を選手に求める。

 多忙を極める中、練習後ホテルの会議室で、インタビューに答えてくれた。プロフェッショナルの指導哲学をじっくり聞いた。

*    *    *

―― 午前の練習、突然、打ち切られました。どうしてですか。

「選手が十分にコミュニケーションを取っていなかったから止めました。常に練習は試合をやっているつもりでやらないと意味がありません。意思、意図がないのは一番、イヤです。
 我々は世界のどこの国もやったことがないことにチャレンジしています。100%、努力しないと目標は達成できません。だから、100%で取り組んでいないことを感じたら、そこでトレーニングは終わらせます」

―― 集中力の継続が難しいのでしょう。

「日本の選手たちは練習をしたがっています。大事なことは、100%の努力を出し切ることです。どんどん、よくはなってきている。
 そういう意味では、FW(フォワード)がBK(バックス)よりいい。BKはメンタルで苦戦してます。ラグビーは考えるスポーツです。各場面で、隣の選手に自分が何をするのかを伝える。何をしてくれと指示することもある。特にBKはコミュニケーションで苦労します」

―― エディーさんは以前、テレビで、「選手をハッピーにしない」と言っていました。その心は?

「人生で何かいいことを成し遂げようとするためには、必ず苦しみを伴います。もちろん、エンジョイはしてほしい。でも、ハッピーだと、こういう風に(ソファーに深く座るしぐさをして)ふんぞりかえってリラックスすると、100%のことはできません。(ソファーから立ち上がって、椅子に座って)これだとリラックスはできない。姿勢よく座らないといけません。この椅子の状態こそが、完璧なチームの環境です」

―― それは経験で得た哲学ですか。

「そうです。これまでチャンピオンになったチームはハードワークをしていた。基本的に1つずつを楽しんでいるけど、常にピリピリした緊張感があった。衝突もあった。全員が気を抜かない緊張感が必要なのです」

―― エディーさんは選手への要求が厳しいらしいですね。時間を決め、いついつまでにこれを達成しろと。

「我々にはルールがない。でも時間厳守です。そして情熱を持つこと、リスペクトを持つことです。それ以外は、個人個人、違った接し方をしています」

―― 例えば?

「五郎丸(歩)、藤田(慶和)はタイプがまったく違う。マインドセットも、価値観も違います。同じ接し方をすると、彼らに最大のチカラを発揮させることはできない。
 五郎丸は非常にプライドの高い日本男子です。私はリスペクトします。藤田は、(ゴルフの)石川遼のような感じです。時には厳しい接し方が必要になる。なぜかというと、スーパースターになれる可能性があるからです。周りがそうしようとしている。その誘惑に惑わされないよう、しっかりとフォーカスさせることが自分の役目です。
(福岡)堅樹も違う。彼は非常にかしこい選手で、自分の人生を成功させたいと考えている。彼にはラグビーをもっとエンジョイしてほしい。だから、結構、自由奔放にさせるようにしています」

―― エディーさんは、メディアが藤田、藤田と騒ぐのをいやがりますよね。

「藤田が実際、南アフリカ戦でトライをとった時、いくらでも書いてください。彼はまだ大きなテストマッチで何も成し遂げてはいません。(テニスの)錦織(圭)だって、本当に成功するまで、メディアはそんなに褒めたたえませんでした。錦織はリスペクトの高い選手です。ものすごく努力しているのが分かる。ラグビーをしていても、素晴らしい選手になったでしょう」

―― ハッピーにしないと言えば、W杯メンバーに入るため、選手はストレスを感じているでしょう。生き残りをかけていますよね。

「もっとチーム間の競争意識を高めていきたい。それが自分の能力を最大限、発揮することになるからです。これを乗り切ることができなければ、ワールドカップのプレッシャーに耐えることはできません」

―― 特にウイングなど競争が激しいですね。W杯メンバーは3人の予定。誰ですか?

「ははは。でも、そういう環境はいいことです。ヘスケス(カーン)以外はみな、日本人選手です。いま困っているのはバックロー(フランカー、No.8)です。(W杯メンバーを)争えるまでの能力を持った日本人が少ないからです。日本協会のルールだと、何人以上の外国出身者を使ってはいけないとの決まりはありません。でも、チームとして、外国出身者と日本人の人数のバランスをとることは大事です」

―― えっ。エディーさんは常々、そのポジションで一番強い選手を選ぶと言ってきました。人数のバランスに配慮するのですか?

「もちろん、一番強い人を選ぶ。そうしなければいけない。ただ頭では、チームとしてのバランスは意識しています」

―― 先日の韓国戦(4月18日、56−30で勝利)の出来は20%、先の香港戦(5月2日、41−0で勝利)では21%に上がったと言いました。では、9日の韓国戦でプラス1%上積みするには、何が必要ですか

「セットピース(スクラム、ラインアウト)のコントロールです。ワールドカップでは2つの戦い方を想定しています。1つはセットピースを避けてプレーすること。南アフリカとスコットランドではセットピースでの勝ち目は薄い。もう1つは、セットピースを使って相手をドミネート(支配)することです。アメリカ、サモアに対しては、我々にセットピースのアドバンテージがある可能性が高いでしょう。スクラムは新しい試みを始めて5週間です。だから、次の韓国戦で、そこのエリアでの改善がみられたらうれしいですね」

―― ターゲットは、W杯の日本の初戦、9月19日の南アフリカ戦です。すべてはそのための準備の一環です。完成形のイメージは?

「南ア戦では、コンタクトから素早くボールを動かしたい。スペースにボールを運ぶ。ゲインラインを勝ち取って、もう一度ボールを動かして、スペースにボールを入れて、ゲインラインを奪っていく。試合開始から20分のところで10点から15点をリードする。そうしたら、勝利が見えてきます」

―― 素晴らしい。もうイメージができているのですね。そういえば、先の本番会場視察のイングランドツアーでは、収穫がありましたか。

「チームとして本番会場の雰囲気、ワールドカップの雰囲気がどうなるかのイメージを抱くことができたことは大きい。リアリティが出てきた。人生でも何でも一緒でしょ。自分で体験しないと、完全なイメージは抱けません。選手たちが、ワールドカップのことを口にする機会が増えたのではないでしょうか」

―― 最後にエディーさんのモットーを。

「やるべきことを必死にやることです。スポーツをやっている時はすべて上達しようとしてきた。教師をやっている時はできるだけいい教師になろうと頑張った。最後は校長先生になりました。ラグビーコーチとしても、常にチームがよくなることを目指しています。"もっと、もっと"って」

―― 常に成長することですか。

「そうです。自分の人生に決して満足しないことです。"ネバー・ビー・ハッピー"です。コーチを引退したら、初めて満足するかもしれません。引退後の生活は、ハワイか沖縄のビーチ沿いのハウスです。奥さんからは『そんなことできるわけないでしょ』と言われていますが(笑)」

「ネバー・ビー・ハッピー」。ハッピーにはならない。満足はしない。あきらめない。プロ中のプロは、W杯で日本代表をベスト8に導き、世界を驚かすことができるだろうか。

松瀬 学●文 text by Matsuse Manabu