TIAS出展ブースの様子(左から3番目が真田久氏)

写真拡大

筑波大学が設立した「つくば国際スポーツアカデミー」(TIAS)は2015年5月6、7日の両日、スイス・ローザンヌで開催されたスポーツ界で国際的な活躍を目指す人材が集まる会議「Work in Sports Exhibition(WISE)」に参加し、5年後に控えた東京オリンピック・パラリンピックに向けた事業への取り組みを強調した。

WISEはスポーツ界におけるキャリア形成について話し合う世界唯一の国際会議。各国から65以上の企業が出展し、約1000人が参加した。

筑波大学「体育科」は100周年

会議では、TIASアカデミー長の真田久氏が講演。東京オリンピック・パラリンピックに向けた国際貢献事業である「Sport for Tomorrow」の重要性と、日本初のスポーツアカデミーであるTIASで学ぶ魅力をアピールした。

真田氏は「人々が健康的な生活を長く続けていくためには、誰もが運動に取り組める社会をつくることが重要」とし、東京オリンピック・パラリンピックについて「日本だけでなく、世界の学校に体育教育を広めるきっかけとしたい」と語った。

筑波大学は2015年、「体育科」創設100周年を迎える。その節目にあたり、真田氏は、

「日本の学校教育における体育の普及を介して、オリンピック・パラリンピック・ムーブメントをあらゆる世代と国に広げていく」
「TIASでは、他者に尽くすことで最後は自分にも帰ってくるという『自他共栄』の精神を持った国際スポーツ界のリーダーを育てたい」

と、スポーツ界の人材育成について熱弁した。