極夜の北極へ──探検家 角幡唯介が考える「旅」と「テクノロジー」の関係

写真拡大

世界最後の空白部と言われていたツアンポー峡谷のほぼ全容を解明するなど、これまでさまざまな未知なる冒険に挑戦してきた角幡唯介。彼が次に挑戦するのは、太陽が昇らない暗闇の冬の北極圏を5カ月にわたって旅すること。何が彼を突き動かすのか。どんな思いで旅の準備をしているのか。日本を発つ直前の彼を訪ねた。

角幡唯介|YUSUKE KAKUHATA
1976年北海道生まれ。ノンフィクション作家、探検家。早稲田大学探検部OB。朝日新聞退社後に執筆した『空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む』で第8回開高健ノンフィクション賞、第42回大宅壮一ノンフィクション賞、第1回梅棹忠夫・山と探検文学賞を受賞。雪男捜索隊に同行したルポタージュ『雪男は向こうからやって来た』など著書多数。2013年より朝日新聞書評委員を務める。最新刊に、読書エッセイ『探検家の日々本本』がある。写真は、北極探検への出発に向け、装備がたくさん積まれた自宅の一室にて撮影。

「極夜の北極へ──探検家 角幡唯介が考える「旅」と「テクノロジー」の関係」の写真・リンク付きの記事はこちら

18世紀より「謎の川」と呼ばれていた、チベットのヤル・ツアンポー川大峡谷の未踏査部をたった一人で探検し、そのほぼ全容を解明し(『空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む』)、ネパール雪男捜索隊に参加し(『雪男は向こうからやって来た』)、19世紀、北極圏の北西航路発見のため派遣され、隊員129人全員が死亡した、ジョン・フランクリン隊の旅程1600kmを徒歩で追った(『アグルーカの行方 129人全員死亡、フランクリン隊が見た北極』)、探検家角幡唯介。

彼の次なる探検は、2015年11月から約5カ月にわたって北極圏を旅することだ。冬の北極圏は、太陽がのぼらないため、真っ暗闇の夜が続く。角幡は、極夜をどんな思いで突き進むのか。3月某日、日本を旅立つ直前の角幡を訪ねた。

折しもその日は、角幡が装備の提供を受けているアウトドアブランド、マーモットのサンプルが出来上がった日だった。長期間の極夜探検のための特別装備も披露してくれた。

──今回の旅のあらましを教えてください。

11月から約5カ月間、極夜の北極圏を旅します。犬を1匹つれてソリを引いていくのですが、5カ月分の食糧や燃料を一度に運ぶ事は到底できないので、途中2箇所にあらかじめ資源を運んでおきます。

3月下旬に日本を発ち、グリーンランドの最北の村で準備を行います。4月上旬からは、約1カ月かけて、荷物を置いておくのに適した場所を探し、夏にシーカヤックで1カ月半くらいかけて、グリーンランド側とカナダ側に資源を運んで置きます。そこに置いた食糧や資源を使いながら5カ月間旅をするというわけです。

太陽がのぼらない世界は、どんなところなんだろうと昔から思っていて、どうすればそこを旅できるかを考えたのが、今回の探検の発端です。

──探検のなかで一番楽しい瞬間はどんなときでしょう?

「このルートで行こう」と思いついたときですね。これならこういう旅ができそうだなと想像するのは、楽しい時間です。地図見ながらここどうなっているのかな、ここ行ったらカナダ行けそうだな、とか。そういうときが一番面白いですね。ワクワクするというか。現実にもなってないし、おいしいところだけ見ている感じ。結婚する前に相手のいいとこだけ見ている感じでしょうか(笑)。

それが終わると、やることが明確になってきます。昨年同じ場所に予備探検に行っていますし、本番は11月なので、いまはまだ怖さは感じていませんが、旅の直前は、憂鬱になります。

──憂鬱になるというのは意外でした。そんなときはどうするのですか?

行きたくないと思ったときには、「悪いことが起きないように何ができるか」を考えつづけます。

例えば、今回の計画だと、途中のデポ(食糧を置いた場所)が、暗闇で見つからなかったらどうしようか、陸上から氷の上に移動するので、氷が凍ってなかったらどうしようか、現地の天候や状況が悪かったときどうしようか、なんてことをひたすら考えます。

そして、その事態が置きたときに対応できるように、何日までにここに行きたいな、ということを考えながら行動します。死なないようにどうすればいいかをずっと考えている感じかな。あと真っ暗闇だと、自分がどこにいるか分からなくなってしまうんです。そういうときには、常に自分がどこにいるかをずっと考えています。

──そんな危険が隣り合わせなのにもかかわらず、GPSを使わない理由は何ですか?(角幡は、六分儀を使うなど、GPSを使わないことで知られる)

ぼくは、「反テクノロジー」なんです。

ぼくの探検の目的は、A地点からB地点までの「移動」ではありません。純粋に、冬の北極という未知の場所に行ってみたいという思いと、死を隣に感じるような自分の生と向き合うような旅をしたいのです。GPSは、自分と地球の間に壁を感じてしまう。自分以外の要素が入ってしまうのです。

極地探検においては、自分で自分の位置を知る作業がとても大事です。自分で地図を見て、自分の地図を読む能力を頼りに、アナログの道具を使って星を観察して、自分で計算して、自分がどこにいるかを探して。

それは間違っているかもしれません。誤差が発生している可能性もあります。それが自分の旅の計画や、自分の生にまで反映してくる。自分と北極の相互作用であり、関わり合いなわけです。その相手の反応をぼくは受け入れるしか無い。ぼくと北極の対話みたいな感じなんです。

GPSがあると、それが遮断されてしまって、状況にかかわらず、自分がどこにいるか分かってします。ものすごい嵐や、天気が曇っていたり、地形がまったく見えないときには星も見えない、自分がどこにいるかもわからない。そういう経験によって、北極という場所を理解することができる。ぼくが求めていることは、GPSによって侵されてしまうのです。


極夜では太陽が昇らないため、濡れたものが乾かない。マーモットと今回の探検のために開発した特別装備は、角幡のこだわりと、これまでの経験がつまっている(本ページ最後にて、商品の詳細を紹介)。

──日常においても、「反テクノロジー」ですか?

テクノロジーは、人をダメにしているのではないか、と思います。

ぼくも人並みにインターネットを使っていますが、以前よりも記憶力が落ちた実感があります。テクノロジーは、自分の能力を機械に代替させるわけじゃないですか。椅子とかテーブルとか、ベルトコンベアーとかは、筋肉の機能を代替させてきたわけで。それが判断や記憶、思考とか欲望といった道徳までの、人の内面的な分野の領域までをも委譲させつつあると思います。この状況が続いていくと、人間はいつまで人間でいられるのかなということを考えます。

肉体労働は機械に任せて、高尚な部分の意思決定を人間が担えばいいという説も昔からありますが、ぼくは冒険や探検、登山という経験から、作業することや行動することによって、何かを発見したり、考え方が固まったり、自分という人間がどんどん更新されていく感覚を学びました。体をつかって学ぶ事の重要性はあると思うんです。

ケヴィン・ケリーは著書『テクニウム』のなかで、テクノロジーによって「選択する機会が増える」と言っていましたが、ぼくはそうは思わない。テクノロジーの進化によって新しいものが生まれて、世の中が変わっていくと、「自分はそれをやらない」という選択ができるかというと、難しいと思う。人間の思考がひとつの方向性に、引きずられていく。個人が選択できる領域がどんどん狭まっていくと思う。ぼくが、インターネット使わないかとそうではないですが。

関連記事ケヴィン・ケリー、アンチテクノロジーから『テクニウム』まで

──一方で、今回の装備には、最新の素材技術が使われていますよね。

技術を使うか否かは、自分の探検の土台を浸食するかしないかで判断しています。

マーモットとつくった装備は、少しでも快適に過ごせることを目的として最新の繊維技術を取り入れていますが、昨年は自分でつくった毛皮の服で凌ぎました。またそれを着る選択をしてもいいと思っています。

昨年の予備探検での経験から、太陽が出ないということは、物が乾かないことだと学びました。炊事で出た水蒸気や、汗などがテント内にたまって寝袋やダウンにつくと、水分を吸って重くなるだけでなく、保温力も失っていきます。化学繊維の防寒着も同様で、水分を溜め込み乾かなくなってしまう。もしかするとフリースのような素材であれば、水分を外に発散してくれるのではないか、そんなアイデアから今回の装備は生まれました。便利にはなると思いますが、ハイテクな衣類がぼくと自然の間に壁をつくることはしません。それがテクノロジーを入れるか否かの線引きだと思っています。

本当は、衛星電話はもっていきたくないんですけど、地元の人との関係や、5カ月も生死が分からないのはどうかなと思い、衛星電話は持っていくことにしました。でも、いざとなったときに電話すればいいといったような、心理的な担保をもって旅に出るのは、北極と自分との対話を阻害する要因になるので持っていきたくはないし、それで旅の完成度はさがってしまうとは思っています。

──自然と対話できているなと思う瞬間は?

怖さを感じるときが、自然のなかにいると実感する瞬間ですね。理想の探検は、ものすごく恐ろしい目にあって成功することです。それを乗り越えるのが最高ですが、成功するときは、恐ろしい目にあわないときが多い。それは自然の条件次第ですね。

──長い準備期間と過酷な探検ですが、帰国後、ぜひまたお話を聞かせてください。ありがとうございました。

ありがとうございました。

SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN

2/5同防寒用ジャケット。なかには、通気性と保温力に優れたフリースと4枚ものシート状の中綿フリースが重ねられている。雪を払いやすくするために表地は、通気性のある耐久撥水シェルが使用されている。

3/5撥水防風ウィンドシェルジャケット。耐久撥水性と防風性に優れたウィンドシェル。ポケットの型は、物が取りやすく、でも落ちにくいタテ型に設計されている。なかにはバッテリーや熊スプレー、コンパス等を入れるそうだ。

4/5撥水防風ソフトシェルジャケット。従来の防風フィルムを使用したソフトシェルでは、結露が発生してしまうため、特殊なボンディング機能によるノンフィルムで防風性と適度な通気性を両立した素材を開発した。これまではゴアテックスを使用していたそうだが、体と生地の間の水分が結露してしまい、それをタワシでとっていたという。「思ったより軽い」出来になったそうだ。

5/5ソフトシェルジャケットと同じ素材を使用したパンツ。防風性と通気性を兼ねそなえている。両脇に施されたベンチレーションファスナーが通気性を高めている。極地用に特別開発されたオーバーミトンや防水ソックス、オーバーシューズもサプライされた。靴はイヌイットのアザラシの皮でつくった「カミク」というものを装着する予定だという。

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN

防寒用ジャケット。2014年の予備探検の際には、毛皮をはいでつくった上着を手作りしたが、汗などの水分を吸って重くなり、さらには凍ってしまったという。水分をためこまない、かつあたたかい素材を探した結果、フリースに行き着いた。

同防寒用ジャケット。なかには、通気性と保温力に優れたフリースと4枚ものシート状の中綿フリースが重ねられている。雪を払いやすくするために表地は、通気性のある耐久撥水シェルが使用されている。

撥水防風ウィンドシェルジャケット。耐久撥水性と防風性に優れたウィンドシェル。ポケットの型は、物が取りやすく、でも落ちにくいタテ型に設計されている。なかにはバッテリーや熊スプレー、コンパス等を入れるそうだ。

撥水防風ソフトシェルジャケット。従来の防風フィルムを使用したソフトシェルでは、結露が発生してしまうため、特殊なボンディング機能によるノンフィルムで防風性と適度な通気性を両立した素材を開発した。これまではゴアテックスを使用していたそうだが、体と生地の間の水分が結露してしまい、それをタワシでとっていたという。「思ったより軽い」出来になったそうだ。

ソフトシェルジャケットと同じ素材を使用したパンツ。防風性と通気性を兼ねそなえている。両脇に施されたベンチレーションファスナーが通気性を高めている。極地用に特別開発されたオーバーミトンや防水ソックス、オーバーシューズもサプライされた。靴はイヌイットのアザラシの皮でつくった「カミク」というものを装着する予定だという。