アマゾンのドローン配達、明らかになった野望

写真拡大

アマゾンが申請していた「配送ドローン」に関する特許出願書類が公開された。ドローンの役目はただ単に商品を空から投下するだけではない。完璧な配送を目指すべく、複雑な情報のやり取りを行うという。

「アマゾンのドローン配達、明らかになった野望」の写真・リンク付きの記事はこちら

2014年9月にアマゾンが申請していた特許出願書類が、4月30日(米国時間)に米国特許庁によって公開された。同社は、空を支配することでわたしたちの買い物を独占するという野望を推し進めるため、実現不可能とも思える配送システムの特許を出願していたのだ。

この出願書類は、「商品の空中投下」を実行する複雑なシステムについて詳しく説明している。そこでわかったのは、アマゾンがドローンで目指しているのが「倉庫から離陸して商品を投下する」といった単純な話ではないということだ。

ドローン同士は互いに通信し合い、配送環境に関する情報(天候、交通状況、障害物などのことだろう)をほかのドローンから受け取って配送ルートをリアルタイムで修正。飛行経路と予定着陸地点が安全で、障害物がないかどうかの判断をするという。

(関連記事)ドバイ、「ドローン配達」計画を発表

商品の配達場所は、出荷準備が完了した時点でのユーザーの位置情報が、スマートフォンなどから割り出されることで決定する。ユーザーは、職場でも自宅でも荷物を受け取ることができるのだ。

またアマゾンは、「Amazon Locker」(日本語版記事)や車のトランク(日本語版記事)といった「安全な配送場所」に商品を投下できるようにすることも検討しているという。

しかし、アマゾンがドローンを空に飛ばすためには、規制上の多くのハードルを乗り越える必要がある。さらにドローンを本格的に利用するには、恐ろしいほどの数の充電ステーションが必要だ。アマゾンは世界中に配送センターを設けているが、すべての住宅地をカヴァーしているわけではない。

申請書類の大部分は難解な法律用語で書かれているが、これは競合他社がこの配送システムを真似できないようにするためだろう。また申請内容が実に広範囲に及んでいるという事実は、アマゾンがこのプロジェクトを、(やや非現実的とはいえ)どれほど詳細に検討しているかを示している。

TAG

AmazonDronePatentWIRED US