旧市街地にはスペイン統治時代の空気が残る

写真拡大

オーダーメイドの旅を提案する旅工房(東京都豊島区)は、オフラインで旅情報を共有できる交流の場「旅会」で、キューバをテーマとした「キューバ旅会」を2015年5月15日に開催する。

観光客が急増している国

カリブ海に浮かぶラテンアメリカの島国キューバ。キューバ革命以降貿易港として発展してきた近代的な新市街だけでなく、スペイン統治時代の面影が感じられる旧市街の風景も楽しめる。しかし、アメリカとの国交正常化交渉がスタートすると発表され、、1〜3月期の観光客は前年に比べ15%も増加。これからアメリカ文化の影響が強まるとも考えられ、あちらこちらがアメリカナイズされる前に、古き良き時代の面影が楽しめるキューバ観光に注目が集まっている。

旅好き同士が情報共有できる「旅会」では、キューバ旅行の最新情報やディープな情報を提供。歓談タイムで交流もできる。会費は1000円でスナック・ソフトドリンク付き、先着30人限定。

時間は午後7時10分開場、午後7時30分から午後9時まで。場所は、東京・東池袋の「サンシャイン60」46階にある旅工房のお客様スペース。