写真提供:マイナビニュース

写真拡大

サンリオエンターテイメントは6月27日、新作ミュージカル『ちっちゃな英雄(ヒーロー)』(辻信太郎 原作 ねずみ物語 より)を「サンリオピューロランド」内フェアリーランドシアターで上演開始する。

○「ねずみ男子」たちの物語

この作品では、ミュージカル『テニスの王子様』(通称「テニミュ」)や、ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』(通称「セラミュー」)等を制作し、「日本2.5次元ミュージカル協会」の理事としても活動するネルケプランニングとピューロランドが初めてコラボレーション。

また、ピューロランドのミュージカルに男性俳優のみが出演するのも、オープン以来初という。素直で明るい女の子「マイメロディ」が語る、かっこよくてかわいい「ねずみ男子」たちの物語を、これまでのピューロランドのミュージカルとは一味違った演出で楽しめるとのこと。

マイメロディが語るのは、とある町にある古いホテルに住む家ねずみたちの物語。「本当の"強さ"とは何か――『友情』をテーマとした感動的なストーリー、音楽のほか、レーザーの演出など驚きも加わった新作ミュージカルにご期待ください」と同社。

出演は、加藤真央(ジョージ)、西馬るい(ブックス)、坂垣怜次(ジェラルド)、加藤良輔(ロベルト)、齋藤健心(ハンス)、マイメロディ(ストーリーテラーとして出演)。上演回数は、1回約30分(平日1日2〜3回、休日1日4回)を予定している。

(C)2015 SANRIO CO., LTD.