献血で腕に障害が残った男性 日本赤十字社が解決金支払いで和解

ざっくり言うと

  • 献血で腕に後遺症が残ったとして大阪府内の男性が日本赤十字社を訴えていた
  • 4月14日、日赤側が解決金900万円を支払う条件で和解したことがわかった
  • 今回の和解について、日赤は「コメントは差し控える」としている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング