情報満載なのに小さくて使いやすい

写真拡大

JTBグループで旅行関連情報の出版等を手がけるJTBパブリッシング(東京都新宿区)は、「るるぶ台北'16 ちいサイズ」を2015年5月7日に発売した。価格は1000円(税別)。B5変、190ページ。

るるぶの小型化は、るるぶ情報版シリーズで初めて。通常サイズよりひと回り小さいサイズでカバンに収まりやすく、旅先での持ち歩きもしやすい。情報量や特別付録は通常サイズと同じで、台北観光を十分に楽しめるという。

特集では定番の小龍包やB級グルメ、スイーツなど台湾グルメを紹介。夜市と、超高層ビル「台北101」の楽しみ方やトリビアも掲載している。取り外せれる特別付録は「千と千尋の神隠し」の舞台ともいわれる「九份」の「パーフェクトBOOK」と、街歩きに欠かせない地図&会話集。

通常サイズも同時発行。また、6月にはハワイ・ホノルル、グアムの「ちいサイズ」の発行も予定している。