U-22世代からA代表候補初選出の浅野「正直、驚いています」

写真拡大

 日本サッカー協会は7日、日本代表候補メンバー28人を発表した。サンフレッチェ広島からはDF水本裕貴、DF塩谷司、FW浅野拓磨の3人を招集。浅野はA代表候補初選出となった。

 リオデジャネイロ五輪を目指すU-22世代からの抜擢となった浅野はクラブを通じて「日本代表候補に選ばれて、正直、驚いています」とコメント。そのうえで「選出されたからには持っているものを100%出してプレーし、どんどんチャレンジして自分の力を発揮してきたいと思います」と決意を述べている。

 バヒド・ハリルホジッチ監督の初陣となった3月27日のチュニジア戦(2-0)、同31日のウズベキスタン戦(5-1)ではバックアップメンバーだった塩谷。「短い期間ですが、監督の求めることをしっかりと理解し、自分をアピールできるように頑張ります」と意気込めば、ウズベキスタン戦ではボランチで起用された水本も「2日間という短い合宿ですが、しっかりと頑張ってきます」とコメントしている。


●ロシアW杯アジア2次予選特集