ゾンビ姿でストレス発散!代々木公園で「ゾンビウォーキング2015」開催

写真拡大

おだやかな土曜日の午後、新緑がまぶしい代々木公園で“ゾンビ”の一団がウォーキングを楽しむ! そんなシュールな世界が実現するイベントに参加してみない?

2015年5月16日(土)に開催される「代々木公園ゾンビウォーキング2015」は、主催するゾンビ集団「ZOMBIENA(ゾンビーナ)」によれば、ゾンビ各自の健康を促進し、ゾンビ同士の友達づくりや横のつながりを広げることを目的としたものなのだとか。

コスプレやメイクで、ゾンビになりきってブラブラ歩くゾンビウォークは、公園をぐるっと散歩したら解散するので、所要時間は1時間程度。そのスケジュールは、コースに沿ってウォーキングを楽しんだ後、噴水の前で集合写真を撮影して終了というもの。

このウォーキング・イベントを企画したゾンビーナ1号さんによれば、ゾンビウォークにはいろいろな効果もあるそう。「親しい人と一緒に参加すると、『一緒にバカなことしたよね〜!』という思い出が共有できます。非日常的な体験をすることで、ストレス発散をしている人も多いようですね」
ゾンビのメイクやコスプレは基本的に自由だけど、公式サイトの中でメイクの方法や衣裳の作り方も紹介しているので、興味のある人は参考にして。手持ちのメイク道具でも十分だけど、より本格的な変身をしたいなら、東急ハンズとコラボしたゾンビメイクセット(メイクのレシピとスポンジ付2500円)もあるから、こちらもチェックしてみては? 「顔の凹凸が目立つように影を作って血糊を多めに使えば、フレッシュな(感染したての)ゾンビになれますよ」(同)

でも、映画やゲームの中で人を襲うゾンビとは違って、ウォーキングに参加するゾンビにはきちんとした社会性が求められる。ひとりの大人として、マナーやルールを守りながら、「大人の悪ふざけ」を楽しむのがゾンビーナ流。ほかの通行人のジャマにならないよう2列で歩行する、肌の露出など過剰なコスプレはしない、ゴミは持ち帰る、といった注意事項を守って、ご参加を。