SpaceX有人ロケットの「緊急脱出テスト」(動画あり)

写真拡大

SpaceX社は、有人宇宙船「ドラゴン」の打ち上げ後に緊急事態が生じた場合に利用する、宇宙飛行士たちを守るシステムの実験に成功した。同社はNASAと、2017年までに有人宇宙船を準備するという26億ドルの契約を交わしている。

SpaceX社は5月6日(米国時間)、有人「ドラゴン」カプセルの重要な「緊急脱出テスト」を完了した。今回の短い飛行は、打ち上げ時の緊急事態に際して宇宙飛行士を保護することを目的としたシステムが、計画通りに機能するかどうかを確認することが狙いだった。

「SpaceX有人ロケットの「緊急脱出テスト」(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

今回の打ち上げでSpaceX社は、8基の「SuperDraco」ロケットエンジンを使用して、「Dragon 2」カプセルを5秒間でおよそ500m打ち上げた。巨大な射出座席のように発射されたカプセルは、安定すると「胴体」部分から切離され、一連のパラシュートを開き、フロリダ州沿岸沖の大西洋に無事に着水した。

成功したように見える今回のテストは、国際宇宙ステーション(ISS)に宇宙飛行士を輸送するというSpaceX社の計画における重要なマイルストーンだ。同社は、「有人宇宙船を2017年までに準備する」という26億ドルの契約を米航空宇宙局(NASA)と交わしている。

SpaceX社は無人カプセルによって、ISSへの補給ミッションをすでに6回成功させている。一方、Boeing社は42億ドルの契約に基づいて有人宇宙船「CST-100」を開発中だ。いずれの契約も、現在NASAが頼り切っているロシアの「ソユーズ」ロケットとカプセルの代わりに、長期にわたって使用できる宇宙船を確保することが目的である。現時点でソユーズは、宇宙飛行士をISSに輸送し、安全に地球に帰還させられる唯一の方法となっている。

「宇宙船は現在海上で、船体横にパラシュートを浮かべながら漂っており、船によって海から引き上げられ、ケープ・カナヴェラルに戻されるのを待っている」とNASAはウェブサイトで書いている。「SpaceX社の管制官たちは、遠隔測定データなど今回の飛行テストで記録したデータを使って、打ち上げ時の中止システムとSuperDracoエンジンの評価を行うことになる」

「SpaceX社のチームは、今後数カ月間で、打ち上げ後の緊急脱出テストを完了する予定だ。このテストではもう一度、シミュレートした緊急事態におけるSuperDracoエンジンと宇宙船の性能が試される。テストは、カリフォルニア州のヴァンデンバーグ空軍基地とは反対側にある米国の沿岸で行われる」

(関連記事)再利用可能ロケット、実用化へ:民間宇宙企業SpaceX社の「3つの勝利」

TAG

RocketSpaceXVideoWIRED UK