片山晋呉と夕食をともにしパワーをチャージ!(撮影:福田文平)

写真拡大

<ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 初日◇7日◇茨城ゴルフ倶楽部 東コース(6,550ヤード・パー72)>
 国内女子メジャー初戦「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」の初日。今季ここまで優勝とトップ10フィニッシュが4回と好調な笠りつ子がメジャーの舞台でも5バーディ・ノーボギーの“67”をマーク、首位と2打差の単独4位につけた。
笠りつ子の特選PHOTOを写真館でチェック!
 この日は「全部が良かった!」とすべてのプレーが噛み合った笠。風もなくグリーンも「練習日より全然止まってくれた」と恵まれたコンディションもあり、ピンチも7番の2メートルのパーパットだけ。そこも凌いで、笑顔で初日を終えた。
 昨年の12月からはメンタルトレーナーをつけ、精神面を強化。気持ちの切り替えが上手くいくようになり、これまでよりミスを引きずらずに、ストレスなくラウンドができるようになった。難コースでも「考えすぎずに、楽しいことだけを考えて」て気楽にプレーしている。それがここまでいい結果をもたらしてくれている。
 昨日はコースの近くに住む片山晋呉の家で夕食をとり、「ハンバーグとご飯3杯、おにぎり2個を食べました」とパワーをチャージ。「ゴルフの話はしなかった」と技術的なアドバイスはなかったそうだが、永久シードプレーヤーの家で鋭気を十分に養ってきた。
 「出る試合では全部優勝を狙いにいく」。今季の目標は1億円プレーヤー。メジャーに勝てばその目標へかなり前進することができる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>