名古屋の中川運河で約10万匹の魚が大量死 いったい何が起こった?

ざっくり言うと

  • 名古屋市の中川運河で3日、魚が大量死しているのが発見された
  • 6日までに確認された数は約10万匹で、8キロある運河全域で発見された
  • 専門家は、川の中の酸素が減少したものによると考えられる、としている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング