セックスレスはSNSが原因!?恋愛コラムニストが語る、私たちの結婚がうまくいかない「5つのワケ」

写真拡大

なぜ結婚はうまくいかないのか?その問いに迫ったのが、恋愛・SEXコラムニストであるアンソニー・ダンブロジオ氏。

離婚を経験した彼は、前の世代と今の世代とでは何が違うのかを考えるようになりました。すると、セックスをしない、経済力が大事、ソーシャルメディアに人生を支配されている、といった現在の状況が浮かび上がってきました。

いつかは結婚したい、結婚したいのにできない、離婚を経験した、離婚はしていないけど夫婦生活は破たんしている…。そんなすべての人に読んでほしい、恋愛コラムニストが語る「私たちの結婚がうまくいかない5つのワケ」を、どうぞ。

 

th_shutterstock_222189325私が元妻と出会った2004年には、ものごとは今とは違いました。ソーシャルメディアや携帯メールはまだ一般的ではありませんでした。

彼女がどんな1日を過ごしているか全く知らないから、もっと知りたいと思いました。彼女と話すためにドキドキしながら電話をかけました。彼女に会いたくなれば、車を運転して彼女の家のドアをノックしました。

2人の関係を続けるには、僕か彼女どちらかの行動が必要でした。しかし、いまではSNSで連絡をすればさっと会うことができるようになりました。私たちの世代では、結婚がうまくいくようにはできていないのかもしれません。その理由を紹介していきます。

01.
男女の大切なつながり
セックスはもはや家事になってしまった

th_shutterstock_145560532

セックスは男女関係において、とても大切な繋がりです。そこにあるのは、快楽だけでなく、心の繋がりです。まさに愛を育むための行為だと思います。

しかし今、特に若い世代でセックスをしないカップルが増えているといいます。心と体の繋がりをなくしては、結婚が上手くいかないのは当然ではないでしょうか。代わりに多くの人は、決められた頻度(数週間に1度など)、もしくは妊娠したいときにだけセックスをします。セックスはもはや家事のようになってしまったのです。

パートーナーとセックスをしたいと思わない人が増えているのは、雑誌やインターネットなどで、簡単に男女の裸を見られるようになったことが原因かもしれません。場合によっては、あなたのパートナーよりいいカラダをしている、そんな裸を毎日見ているうちに、人は刺激に慣れてしまい、さらには完璧を求めてしまうのです。

これでは、愛や結婚に対する不安は募るばかりです。誰かを惹きつけるためには、完璧でないといけないと言われているようなものです。でも本当に大切なのは互いのハートです。心から愛し合い、通じ合える関係になれれば、今まで感じたことのないような最高のセックスが味わえるのです。

02.
経済力が求められる時代
心の余裕がなくなった

以前の世代とは、生活にかかるお金の額は変わりました。私たちは家のローン、水道光熱費、生活費、学費の支払いに…と、追われています。それを賄えるような職に必死でついたとしても、人生を楽しむような余裕まで持てません。

ローンがあるから、外食にいくのは諦めよう、学費の支払いが今月末だから今年の記念日のプレゼントはなしにしようとか。旅行?そんな余裕はありません。互いに夜遅くまで働くことも珍しくないでしょう。当然コミュニケーションも減り、疲れている相手を見て互いにイライラするのです。これらのストレスが結婚生活を張りつめたものにしています。

結婚生活において経済力が何よりも重要になってしまっている今、祖父母や両親が暮らしたように豊かに生活しようとするのは難しいことです。

03.
SNSで簡単につながれる時代
でも、心はつながらなくなった

The Happy CoupleReference : H. Michael Miley

テクノロジーの進歩によりコミュニケーションは容易なものになりました。スマホからピッとメッセージを送れば愛していると伝えることができ、スマホでプレゼントを選び簡単に贈ることができます。新しい家具を二人で探すのだって、画像共有アプリで済みます。しかしそれだけでは、相手との関係が希薄になってしまわないでしょうか?

私の祖母は祖父の声を1日中聞くことはありませんでした。彼は遠く離れた地で働いていたからです。今のように、30分以内に返信をくれないと浮気を疑い、誰といて何を食べたかInstagramやFacebookをスクロールしてチェックをすることはありません。

お互いを尊敬し、愛し合っていました。夕食のときにおしゃべりをし、携帯を握る代わりにお互いの手を握って散歩をしていました。彼らは周りのものに気を散らされませんでした。夢をもち、二人で一緒にそれを追いかけたのです。

04.
注目されたいという欲求が
愛されたいという欲求に勝る

Happiness.Reference : Westbroek

ほんの数年前まで、セレブを見つけたら騒ぎ立てていました。セレブは特別で憧れの存在だったからです。私服やメイク方法が紹介されるたび、人々は注目してきました。

しかし、ソーシャルメディアの普及により、誰でも有名になれる時代がきました。セレブにならないと得られなかった注目は、自撮り一枚で得られるようになりました。写真をアップすれば、何千という見知らぬ人が「いいね!」をします。もう少し着ている服を脱げば・・・当然もっと「いいね!」が増えるのです。

ごく普通の友人が、ある日デザイナーブランドで自分を飾りたて、おしゃれなお酒をクラブで飲んでいる写真を見かけました。彼はさも成功しているかのように見せ、写真にいいね!されたり、コメントをもらったりすることで満足感を得ていたのです。

でももし誰かと本当に愛し合いたいなら、大勢から注目を浴びたいと思うことはやめましょう。気が付かないうちに、一人から愛されることでは満足できなくなってしまうからです。

05.
ソーシャルメディアが
あなたの価値を安くした

RF244624Reference : Erin Kelly

朝食を楽しむ素朴な時間は撮影会になり、リラックスのためのバカンスは、派手なポストをする時間になりました。人生の瞬間を共有するのが悪いわけではありません。

しかし、どこかで線引きをしなくてはいけません。見知らぬ人にワードローブを見せて、車にのせてあげて、水着姿さえ見せてしまうのは、一昔前なら考えられないことです。感覚が完全に麻痺してしまう前に、今一度その行為について考えるべきです。特別な人にだけ見せる自分を持ち続けましょう。

私たちが今生きている世界は、誰か一人と幸せな人生を歩むことを難しくしてしまっています。残念ながら変えられないこともありますが、出来る限りのことはやってみてほしいと思うのです。離婚という出来事は、苦しく、人生をも変えてしまうことです。皆さまが愛の終焉を経験しないことを祈っています。


Licensed material used with permission by The Asbury Park Press