念願叶い初招集の神戸DF岩波「一番上を目指して毎日頑張ってきた」

写真拡大

 JFA(日本サッカー協会)は7日、国内でトレーニングキャンプを行う日本代表候補メンバー28名を発表した。ヴィッセル神戸からはDF岩波拓也が初招集を受け、クラブを通じてコメントを残している。

 U−22日本代表の主力としても活躍する岩波は「15歳から年代別の代表に選んでいただき、一番上を目指して毎日頑張ってきました。まだ候補なので、自分が特別な結果を残したわけではありませんが、今シーズン自分の力を引き出してくれたネルシーニョ監督、チームメイトにまず感謝したいです」と長年目指してきたA代表候補選出を喜んだ。

 続けて「そして、ここまで自分を育ててくれた家族と、ジュニアユース、ユースのアカデミーのスタッフにも感謝しています。この2日間はJリーグのトップクラスの選手と一緒にプレーをして、もっともっと上にいくために、色々なことを吸収して帰ってきたいと思います」と周囲の人々に感謝しつつ、合宿を通して成長を遂げること誓っている。

 国内組だけで行われる合宿は12日と13日に実施される。