スマホ落下防止にリングホルダーや頑丈ケースなど

写真拡大

 2年前には大きすぎると言われた5インチのスマートフォンも、今ではすっかり標準的な大きさになった。ところが、スマホが大きくなるにつれ、昔より素材は頑丈になったはずなのに落として悲しい思いをする人も増えている。片手にあまる大きさは操作中でも落としやすい。スマホの「落下」を防ぐためには、どんな方法があるだろうか。

●ひっかけ型

 大きなスマホを片手でもつと、ひょんなことで手からすべり落ちることがある。ガラケー時代にはストラップを防げたが、スマホはストラップを取り付けるための穴がないものが多い。代わりに、スマホの背面にとりつけるリングホルダーが安全で便利だと人気を集めている。

「ずっとiPhoneを使っているんですけど、iPhone4からiPhone5sにして4インチになったとき、片手で持てなくてどうしようとアクセサリ類を探していたらすすめられました。本体に直接、リングホルダーを取り付けるのは抵抗があったので安い透明ケースをつけてその上につけていたのですが、あんまり使いやすいので今では本体に直接、貼っています」(20代女性会社員)

 リングがごつごつして気になる人は、シリコン製の薄い変形するホルダーもある。これなら普段は背面に密着させて薄く、使用するときだけ立体的にさせられるのでスマートに使える。

 スマホの背面にとりつけるリングホルダーは、人気を反映してカラーバリエーションも多い。自分のスマホのカラーにあわせて選べる。

●ぶらさげ型

 ガラケーのときにはよく見かけたストラップを利用する方法だ。首にかけて安全性を高める人も少なくなかった。

 ところが、スマホにはiPhoneやGalaxyなど海外メーカーのスマホには穴(ストラップホール)がないとあきらめているかもしれない。しかし解決法はある。ストラップホール付きのケースを利用する、または本体にストラップホールを作り出すのだ。本体のネジを交換して専用パーツをとりつける、もっと大胆に改造する人もいるが、危険な手段を使わずともストラップ穴を作り出すことが可能だ。

「見た目を損なわず、工具も使わずストラップホールをつくれるイヤホンジャック装着タイプが人気です。1000円しないノーブランドの安いものもありますが、5000円くらいのものがおすすめです。しっかりつけられて、耐荷重も3キロくらいありますから多少、力がかかっても外れません。ネックストラップにスマホをつけると動くときに揺れますが、その程度の荷重ならなんともありません」(家電量販店店員)

 ストラップと本体とのつなぎ目を気にする人は、直接、ストラップとつながっているものもある。

●完全ガード型

 ここまでは、落下させないことを目的としてスマホを襲う悲劇を防ぐ方法を紹介してきた。それでも落ちる可能性はゼロにならない。万が一に備えて、落下しても安心できるケースを選択するのもおすすめだ。

「iPhone6になってから、何度も地面に落としそうになりました。シャツの胸ポケットに入れているのですが、たいして前かがみにならなくても飛び出してくるんですよ。スマホで一番怖いのは、やっぱり液晶に傷がついたりひびが入ること。それが防げるなら、少しくらい高くてごつごつしたケースでも使いますよ。5インチ超えたらケースが多少、大きくても同じですから」(40代男性会社員)

 耐衝撃性が高いスマホケースが使いづらいのは過去のこと。ボタン操作を妨げ不便さを強いるものは減っている。日本工業規格で定められた防塵・防水の保護等級をあらわす「IP」の等級が高く、米軍のMIL規格「MIL-STD-810」に準拠していれば相当に頑丈だと考えていい。ちなみに、Iは防塵でPが防水の等級をあらわし、それぞれ「6」と「8」が最高等級なので「IP86」がもっとも防塵・防水保護の程度が高い。

 これら頑丈で安心なものを探すと1万円超の出費を覚悟せねばならないこともあるが、もし落下で破損したときの修理費用を考えてほしい。たとえば、画面修理にiPhone 6は12,800 円、iPhone 6 Plusなら14,800 円、アップルケアに入っていても7800円かかる。Xperia Z3では3万円以上かかったという報告もある。

 昨年、実施されたスマホトラブルの実態調査によれば、最も多かったのは「破損・水没」だった(KDDI株式会社調べ)。特に40代男性は約5人に1人が破損・水没の経験をしている。転ばぬ先の杖として落下防止対策は急務だろう。