日テレがINAC神戸との無敗対決を制す/なでしこリーグ第7節

写真拡大

 2015プレナスなでしこリーグ1部レギュラーシリーズの第7節が、6日に各地で行われた。

 首位のINAC神戸レオネッサと2位の日テレ・ベレーザの一戦は、39分にホームの日テレが田中美南のゴールで先制。一方、INACも直後の41分に川澄奈穂美が同点ゴールを奪った。

 同点で後半を迎えると、72分に再び田中が得点し、勝ち越しに成功。試合は2−1のままタイムアップを迎え、無敗同士の一戦は日テレが制した。INACが今季初黒星を喫したことで、無敗は日テレとジェフユナイテッド市原・千葉レディース、ベガルタ仙台レディースの3チームとなっている。

 第7節の結果および順位は以下のとおり。

■第7節試合結果
ベガルタ仙台レディース 2−1 スペランツァFC大阪高槻
ASエルフェン埼玉 0−0 伊賀フットボールクラブくノ一
岡山湯郷Belle 2−2 浦和レッズレディース
日テレ・ベレーザ 2−1 INAC神戸レオネッサ
アルビレックス新潟レディース 0−0 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース

■第7節順位表
1位 I神戸(勝ち点18/得失点差10)
2位 日テレ(勝ち点17/得失点差13)
3位 ジェフL(勝ち点15/得失点差7)
4位 ベガルタ(勝ち点15/得失点差6)
5位 浦和(勝ち点8/得失点差2)
6位 新潟L(勝ち点7/得失点差−2)
7位 伊賀FC(勝ち点7/得失点差−5)
8位 湯郷ベル(勝ち点5/得失点差−10)
9位 AS埼玉(勝ち点4/得失点差−11)
10位 大阪高槻(勝ち点1/得失点差−10)