衣類を取り出しやすく、時短にも対応!(写真は、「NA‐FA100H2‐N」)

写真拡大

パナソニックは、脱水後の衣類を取り出しやすくする「からみほぐし」機能と、洗濯時間約20分の「スピードコース」を搭載し、使いやすさと時短ニーズに対応した縦型洗濯機「NA‐FA100H2」ほか7機種を、2015年6月5日から順次発売する。

洗濯物を取り出しやすく

最近の縦型洗濯機は大容量化が進み、洗濯物の取り出しやすさや使いやすさがより求められる傾向にある。新製品は、好評の「すっきりフロント」に加えて、脱水後パルセーターを回転させることで、これまで洗濯槽の内壁にドーナツ状に貼り付き、からみやすかった洗濯物をはがしとる「からみほぐし」機能を搭載。衣類のからみを軽減して洗濯物を取り出しやすくした。

また、給水しながら洗いはじめることで、少量の衣類なら約20分で洗濯する「スピードコース」も搭載。時短ニーズに対応して、子どもの衣類や色物の分け洗いなどに便利に使えるようにしたほか、モーターや洗濯槽の部品構成などによる「低騒音設計」で、夜でも気がねなく洗濯ができる。

給水から約3秒で泡立てる「ジェットバブルシステム」による「即効泡洗浄」や、取り外しやすい「ツメ(つまみ)」をつけて手入れしやすくした抗菌加工樹脂の「糸くずフィルター」を採用。洗濯槽の汚れも自動で手入れする「自動槽洗浄」に、エコナビの搭載で省エネ運転を実現した。

さらに、暑くて湿った空気を周囲に排出しない「水冷除湿乾燥方式」を採用。「ナノイー」で水洗いできない衣類の手入れができたり(「NA‐FW100/90/80S2」に搭載)、「おうちクリーニング」の搭載でデリケートなおしゃれ着も自宅で洗えたりする。

いずれも、オープン価格。