今度のボンドはセーター姿に? 最新作「スペクター」広告契約の内幕。

写真拡大

「007」シリーズ最新作「スペクター」では、主役のジェームズ・ボンドがトレードマークのスーツ姿ではなく、カシミアのセーター姿で登場するようだ。

同作のプロデューサーであるバーバラ・ブロッコリが先日、同作が製品広告に対してかなりオープンになってきていることから、劇中に登場する全ての商品に「追加広告料金」を導入したいと明かしていたばかりだった。デイリー・ミラー紙によれば、その結果、ボンド役を演じるダニエル・クレイグが200ポンド(約3万6000円)で通常販売されているN.ピールのカシミアセーターを着ることになったという。

ダニエルは昨年行われた同作の製作発表でもそのセーターを着ており、当時N.ピールは「『スペクター』に向けてボンドがN.ピールの定番カシミア製品を自然に選んでくださってことに感激しています」とコメントを発表していた。

「スペクター」には同ブランドのほか、数ブランドが登場する見込みとなっており、車両もこれまでの愛車アストンマーチンDB10 だけでなく、レンジローバースポーツSVRやジャガーC-X75、ランドローバー・ディフェンダー・ビッグ・フットなどもボンドが乗り回すことになっているほか、ベルヴェデール ウォッカを使用したマティーニやボランジェのシャンパンを口にする姿が見られるようだ。

一方で武器もアーセナル・ファイアーアームズ社製のAF2011デュエラー・プリズマティックへとアップグレードされることになっており、同社は「弊社の新製品がジェームズ・ボンド最新作『スペクター』での主要な武器として数か月前に選ばれていたことを遂に正式に喜んで発表することができてとても喜ばしいです」とコメントを発表している。