呼出音が鳴る前に相手に警告メッセージを流す!(写真は、「RU・RU・RU VE‐GD24DL 子機1台」)

写真拡大

パナソニックは、振り込め詐欺対策や迷惑電話対策の機能を強化したデジタルコードレス電話機「RU・RU・RU」VE‐GD24シリーズを、2015年6月11日に発売する。

着信拒否も可能

昨今の振り込め詐欺や迷惑電話の対策として、同社では電話に出なくても電話をかけてきた相手に名乗ってもらうように促すメッセージを流す「あんしん応答」機能を電話機に搭載している。「RU・RU・RU」VE‐GD24シリーズは、さらなる対策として電話をかけてきた相手と受ける側の双方にメッセージを流す「迷惑防止」機能を搭載した。

呼出音が鳴る前に、相手に通話を録音する旨の警告メッセージを自動で流す。一方、着信中は呼出音と交互に、「迷惑電話にご注意ください」という注意喚起のメッセージを、電話を受ける側に自動で流す。

電話を取る前に双方に対してメッセージを流すことで、相手には迷惑電話を躊躇させ、受ける側には注意を喚起する。また、迷惑電話の着信拒否に最大250件の電話番号を登録することができるので、安心して使える。

さらに、別売りの窓センサーとドアセンサーとの連携に対応。窓センサーやドアセンサーを設置した窓やドアが開くと親機に通知され、親機と子機が報知音と表示で知らせる。

人感センサー付きの子機(別売)は、約2.1型大画面液晶を採用。表示する文字も大きく、ボタンも大型。人感センサーを採用し、「お知らせセンサー」「あんしんセンサー」「みまもりセンサー通知」機能を搭載した。

色は、ホワイト。子機1台の「VE‐GD24DL」と、子機2台の「VE‐GD24DW」を用意した。オープン価格。