写真提供:マイナビニュース

写真拡大

夢★らくざプロジェクトは、将来の仕事に関する意識調査を実施した。対象は小中学生322名(男子94名、女子228名)と保護者225名。期間は4月3日〜26日。

○2015年いまのこどもがなりたい職業とは?

子供が将来なりたい職業を質問したところ、男子の1位は「サッカー選手」。続いて、2位は「科学者」、3位は同率で「警察官」「お医者さん」という結果となった。また5位には「電車の運転手」「ゲームクリエイター」「マンガ家」が並んだ。

一方、女子の1位は「パティシエ」という結果に。次いで、2位「お医者さん」、3位「幼稚園・保育園の先生」が上位を占めた。以降、「デザイナー」「スポーツ選手」と続いた。

また、親が子供になってもらいたい職業を質問したところ、1位は「こどもがなりたい・好きなもの」。次いで、2位「薬剤師」、3位「お医者さん」という結果となった。同社は「子供が安定した仕事に就くことを願う親の気持ちが表れている」とコメントしている。