1日24時間のアクティビティやトレーニングを記録、効果的に体を動かせる

写真拡大

心拍計などウェアラブルデバイスを手がけるポラール・エレクトロ・ジャパン(東京都渋谷区)は、フィットネス&アクティビティモニター「Polar A300」を2015年5月9日に発売する。

トレーニング効果や消費カロリー算出などのデータはPCやスマホ・タブレットで同期

1日24時間、ジャンプ、スキップ、はねる、歩く、走るなどの行動や活動(アクティビティ)を常時記録できる。30メートルの耐水に対応。電池持続時間は、1回の充電で毎日のアクティビティを記録して最長4週間。リストバンドはシリコン素材で、スタイルやシチュエーションに合わせ簡単に交換でき、交換用リストバンドも別売で用意する(全6色、税別3000円)。

健康増進への効果を知らせる「アクティビティ効果」、トレーニングの効果を視覚的に表示する「エナジーポインター」、1日の消費カロリーを算出し表示する「スマートカロリー」などの機能を搭載する。データの同期はパソコンやスマートフォン、タブレットを介して「Polar Flowアプリ」を使って行える。「H7心拍センサー」付きセットも用意され、両機を連携すれば、心拍数ベースのトレーニングによる燃焼カロリーを把握できる。

価格は、心拍センサー付きモデルが2万2000円、単体モデルが1万6800円(いずれも税別)。カラーはブラック、ホワイト、ピンクの3色。