地球から約131億光年の銀河「EGS-zs8-1」発見 観測史上最も遠方

ざっくり言うと

  • 観測史上最も遠方にある銀河が、天文学者チームにより発見された
  • 地球から約131億光年にあり、「EGS-zs8-1」と呼ばれている
  • EGS-zs8-1では、天の川銀河の約80倍の速度で星形成が進んでいるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング