【カップル必見】ベッドの上でする「タントラ・ヨガ」で、2人の関係はもっと深まる!

写真拡大

米・ウェブメディア「Elite Daily」のライターで、ヨガの現役インストラクターでもあるStephanie Mathenaさんは、こんなことを語っています。

「ヨガの基本は心と体を"繋ぐ"もの。そしてセックスは、愛する誰かとあなたの心体を繋ぐ行為。実はそのどちらも真ん中にあるものは同じ。心をオープンにして、好奇心に従って、積み重ねていくだけ理想に近づいていくものでもあるんです」

最近は有名女性誌でも取り上げられるなど「タントラ・ヨガ」が話題です。ここでは彼女が書いた「ヨガがセックスに役立つ6つの理由」で紹介されている内容と含め、カップルで試せるエクササイズ法を4つ紹介!

早速今日から、試してみては?

85singo_shutterstock_245743612

01.
イク前に我慢することで
深い快感をゲット!

ヨガは、バランス感と同時に自分の中にある美しい感覚にも気付かせてくれるもの。時間をかけることの大切さや、体の反応に耳を傾けること。行動に身を任せるのではなく、ゆっくりと衝動を咀嚼することで、肉体的にも精神的にも深い快感を得ることが可能になります。

タントラ・ヨガでも、絶頂の前に一度我慢する方法が紹介されています。オーガズムを迎えることを目的にするのではなく、見つめ合いながらエネルギーを交換するような意識を持つことでより深い快感を得るようです。イクときは、声を母音(”あ”や”お”など)でゆっくりと大きく吐き出すことが大切だそうですよ。

02.
リラックスできるポジションで

85singo_shutterstock_82823602

ヨガで大切なのはリラックスすること、それはベッドの上でも同じで、血液の流れなどが大きく関係しています。

ちなみにタントラでは、お互いに同じ方向に横向きで寝て、男性が後ろから挿入するポジションが、2人の心と体を繋ぐために最も適していると言われているそう。ベッドの上で愛し合う前後にも、この体制で呼吸を合わせ、チャクラを重ね合わせることでより深く快感を共有することができるのだとか。

03.
7カ所のチャクラマッサージ

チャクラはエネルギーの出入り口でもあり、エネルギーそのもののことを呼ぶ名前でもあります。人間の体には中心に沿って頭頂部、眉間、のど、胸の中心、みぞおち、下腹部、背骨の基底(肛門と性器の間)と7つのチャクラポイントが存在しています。

ここをお互いにマッサージし合うことで、心身ともにより深く繋がることができるそうです。軽く撫でたり、触れたりするだけでOKなのだとか。

04.
一緒に瞑想!

精神統一で得られるものはヨガの中でも大きな部分です。内面を意識してみることで自分のことを好きになり、自信を持つようにもなります。今度はそれをパートナーと一緒にやってみるといいかも。

2人で見つめ合って、呼吸を合わせて、意識を重ねていくことでより関係が深まるといいます。

その他にも、柔軟性やスタミナなどヨガで得られることはたくさんあるもの。大切なパートナーと今以上の関係を気付くために、2人一緒に実践するヨガ、早速試してみては?

Reference:COSMOPOLITAN
Licensed material used with permission by Elite Dairy