安定した成績で現在賞金ランク1位!今週も躍進なるか?(撮影:福田文平)

写真拡大

<ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 事前情報◇6日◇茨城ゴルフ倶楽部 東コース(6,550ヤード・パー72)>
 国内女子ツアーの今季メジャー初戦「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」がいよいよ明日7日(木)に開幕する。人気と実力をかね揃え、今季の女子ツアーを牽引する菊地絵理香と藤田光里、2人の北海道出身の美人プロだろう。
菊地絵理香の特選PHOTOを写真館でチェック!
 菊池は今季は悲願の初優勝を挙げ、その他にもトップ10フィニッシュが5回。オフに弱点のパッティングをパター変更などで克服、ショットは「そんなに良くない」と言いながらもショートゲームが好調で現在賞金ランクトップに立っている。
 「私が(トップに)いるのが間違っている気がする(笑)。いつも通りガマンすることを一番に考えて、ベスト10を目指して頑張りたいです」、いつものように謙虚な目標を掲げた菊池。今年から西から東にコースが変わったが「油断できるホールが1つもない」と菊地には東のほうが難易度が高く感じられたという。「チャンスホールはないので、ロングで4つとっていければ」とパー5を攻略し、上位を狙いにいく。
 藤田はここ4試合で2位、4位タイ、優勝、6位タイと絶好調。「自分が優勝した実感もなくて、変わったこともあんまりないし1つの目標をクリアした感じ」と優勝後のフィーバーも終わり、この試合には落ち着いて臨めている。「練習ラウンドからショットの調子が良くて、ところどころは曲がったけど全体的には良かったです」と好調も維持し、メジャー制覇も狙える状態で初日を迎えることができそうだ。
 「メジャーで勝ちたい気持ちはあるけど、コース的に頑張ると穴にはまりそうなので(笑)。さらっと予選通過したい」と笑顔で目標を話した藤田。注目度か高まるにつれ、ギャラリーも増えたが、4日のブログに「マナーが悪い人はかっこ悪いですよ(。-_-。)」と詳細は書かなかったが、先週の観衆のマナーに苦言を呈した。「色々と考えるところはあります」とこの件には言葉は少なかったが、大勢のギャラリーを連れて歩く人気者には往々にしてマナーの問題がついてまわるもの。くれぐれも今週来場されるギャラリーにはプレーの妨げになるようなことは謹んでいただきたい。
<ゴルフ情報ALBA.Net>