山根慶丈 個展「迫り来る逆境に捧ぐ」/gallery communeウェブサイトより

写真拡大

トラックメーカー/音楽プロデューサーのtofubeatsさんのジャケットデザインや、アートワークなどで知られるイラストレーター・山根慶丈(MEMO)さんの個展「迫り来る逆境に捧ぐ」が、6月5日(金)から6月10日(水)に渡り、下北沢にあるgallery communeで開催される。

【人気イラストレーターの決心 山根慶丈(MEMO)個展「迫り来る逆境に捧ぐ」の画像・動画をすべて見る】

人気イラストレーターの苦悩、葛藤、そして決心。




山根慶丈さんは、大阪芸術大学在学中より、MEMO名義で活動。

2012年にリリースされた、tofubeatsさんの楽曲「水星」デジタル版のイラストを手がけて以降、2013年には、森高千里さん、の子さんとのコラボ曲を収録したアルバム『Don't Stop The Music』、2014年には藤井隆さんボーカルの楽曲「ディスコの神様」、集大成となったアルバム『First Album』など、tofubeats作品のアートワークを担当。

1990年生まれのニューエイジながら、一昔前の青年漫画のテイストをイラストに持ち込んだ作風と、ポップなバランス感覚のある新しさで、音楽、書籍、アパレル関係のイラストレーションを多数手がけ、最前線を走ってきた。

そんな「ありそうでなかったSHOWA」を独特の色彩と的確な構成力で描き出してきた山根さんの個展は、若くしてメディアから脚光を浴び続けてきたがゆえの苦悩葛藤、そして決心とともに放つ渾身の作品が展示されるという。