田村淳と有吉弘行がmisonoの自宅初公開に騒然「あぁ…ヤバいわー」

写真拡大

5日放送のバラエティ番組「ロンドンハーツ 3時間スペシャル」(テレビ朝日系)で、ロンドンブーツ1号2号の田村淳や有吉弘行が、misonoの自宅にドン引きする一幕があった。

この日の番組は、「淳が泊まってジャッジ!ホントはイイ女GP」と題した企画を放送した。女性タレントの自宅に淳が宿泊した際のVTRを紹介し、もてなしの質や内装などで「イイ女」かどうかを判定する主旨だ。

misonoは今回、デビュー14年にして初めて自宅を公開した。彼氏以外は自宅に招待したことがないそうで、その理由は「もう、あれこれ言われるのわかってるので」とのこと。スタジオでは淳がVTR前から、「汚いとかじゃなくて、ヤバいのよ」と訴えていた。

misonoの自宅リビングには、キャラクターグッズがところ狭しと飾られる異様な光景が広がっていた。部屋の隅や窓際、使わないエアコンの下にまでぬいぐるみが敷き詰められていた。この光景に淳は「ガチャガチャしている」としながらも、「きれいはきれいだな」と一定の評価は下していた。

リビングにはなぜか子ども用のテーブルと椅子も備えてあった。misonoによると、いつ子どもができても大丈夫なよう、準備をしているのだという。スタジオゲストの有吉はこの発言に唖然とし「『いつでもできていいように』ヤバいでしょ」と指摘した。

リビングのみでもう満足といった面持ちの淳は、「お邪魔しました」と早くも企画を終了させようとしたが、misonoが慌ててとめていた。

misonoの自宅には、スタジオゲストの面々も唖然となっていた。有吉が「ヤバい、これはヤバイ、専門家に見せないほうがいい」と厳しいコメントをする一方、バカリズムは口を大きく開けて絶句したまま、無言になってしまった。

その他、misonoの自宅には大量のぬいぐるみが山を作る「人形部屋」なるものも存在していた。misonoはここでキャラクターに埋もれながら、ブログを書いているそうだ。淳は「ここにいるから悩む」「だからブログあんな長文になるんだって」とツッコんでいた。有吉はここでも、顔をしかめながら「あぁ…ヤバいわー」と漏らしていた。

VTR後に有吉は「これでスゲェぐらいの才能あるといいんだけど、そうでもねえし」と毒を吐き、スタジオの笑いを誘っていた。

【関連記事】
misono、炎上騒動についてブログに本音を綴る「いよいよ居場所がない」
misonoが調子に乗りすぎて有吉弘行がマジ蹴り制裁
misono、有吉弘行に叩かれ大号泣… ロンブー田村淳に泣きつくもラジオのネタにされる