ny2_main2

写真拡大 (全8枚)

ニューヨークを象徴するような定番の場所から新しいスポットまで、ニューヨークに来たからには足を運びたい、ニューヨークをより広く、深く、感じることができる場所へ──。

ニューヨークの真ん中で360度の景観を楽しむ「ザ・ビュー」

ニューヨークの夜景を楽しめるところはいくつもあるけれど、マンハッタンのど真ん中にあるタイムズ・スクエアを眼下に眺めながら食事やお酒が楽しみたいなら、「マリオット・マーキス」の最上階に位置するマンハッタン唯一の360度回転レストラン「ザ・ビュー」へ。1時間で1回転するので、息をのむようなマンハッタンの景観をあらゆる方向から楽しむことができる。観劇前のプリシアターメニューやショーの後のお酒など、シチュエーションに応じて使い分けられるのもうれしい。

INFO:
The VIEW Restaurant & Lounge  
1535 Broadway, New York, NY


テロの脅威を伝える「911メモリアルミュージアム」



「911メモリアルミュージアム」は、ニューヨークの世界貿易センター跡地「グラウンド・ゼロ」に設立された、米同時多発テロ事件を記録した記念博物館。犠牲者の追悼を目的とするほか、テロの悲惨さや脅威を後世に伝えていくことを目的に、2014年5月にオープンした。館内には、911の後、廃墟に最後まで残っていた柱に世界貿易センター跡の復旧にあたった人々の思いが書き込まれた「最後の柱」、テロ当日、ビルにいた人たちが命がけで下りてきた「生還者の階段」、タワーのトップに立っていた鉄塔や落下した瓦礫に寄ってダメージを受けた消防車などが展示され、テロの凄まじさを生々しく伝えている。スマホ利用者は、無料のアプリをダウンロードして、日本語での解説を聞きながら見学できる(イヤホンを忘れずに!)。チケットはインターネットでも購入可能だ。
ミュージアムの周りは、緑豊かな公園となっていて、2つの水を使ったインスタレーションが作られ、水槽の周りには、犠牲者の名前が彫られている。

INFO:
9/11 Memorial Museum 
1 Albany St., New York, NY


省エネを実現した、「エンパイア・ステートビル」。
1階にはNYスタイルレストランも。

1931年に誕生したエンパイア・ステートビルは、現在、ニューヨークでもっとも高い建物。アンテナ部分まで入れると約440メートルの高さを誇る。マンハッタンが一望できる展望台は、気が澄んだ日は、100キロ先までも見渡すことができる。その高さがフィーチャーされることが多いが、気品のあるアールデコ調の建築も必見。また、展望台からの眺めはもちろんだけれど、太陽に照らされきらきら光るエンパイアやライトアップされたエンパイアを外から眺めるのも楽しい。ライトアップは時期によって変化し、また、数年前、LED照明に刷新され、省エネ化を実現した。展望台は深夜2時まで営業(最終エレベーターは深夜1時15分)。ディナーや観劇のあとに、立ち寄ることもできる。ビルの1階には、ニューヨークスタイルのレストラン「ステート・グリル&バー」があり、ニューヨーク州の農家や醸造所、ワイナリー、生産者から仕入れた地元の食材を使用した、クラシックとモダンを兼ね備えたメニューを提供。エンパイア・ステートビル同様、アールデコ調の装飾の店内ではエンパイアからの夜景のようなときめきの時間を過ごすことができる。

INFO:
Empire State Building  
350 Fifth Avenue New York, NY

STATE Grill and Bar 
Ground, 350 5th Avenue, New York, NY


(3)ミュージカル、ジャズ─。最高峰のエンターテイメントに浸るへ続く。

<取材協力>
ニューヨーク市観光局 公式サイト www.nycgo.com/w2ny
text Aya Hasegawa


 

Walk in New York
>>テイラー・スウィフトの行きつけ最旬スポット
>>王道から新スポットまで。ニューヨークのマスト・ゴー
>>ミュージカル、ジャズ─。最高峰のエンターテイメントに浸る
>>リュクスなアパートメントホテル「ザ マルマラ パーク アベニュー」に滞在
>>CONCIERGE エンタテイメント充実のデルタ航空でニューヨークへ