巨人が歴史的敗戦 「先発がすべてだった」と原辰徳監督がコメント

ざっくり言うと

  • 巨人は5日、広島と対戦し1−13で敗れた
  • 先発の杉内俊哉が5安打6失点と炎上し、自己最短となる2/3回で降板
  • 原辰徳監督は試合後に「いろんな意味で先発がすべてだった」と振り返った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング