ネットカルチャーを体現するバンド・§✝§

写真拡大

世界の各地で、泡のようにアップデートを繰り返す無数の音楽シーンは、インターネットの登場により、国境を越えて広く届けられるようになった。

【ネットを具現化するバンド§✝§も出演! 「NOTHING FEST」独占ライブレポの画像・動画をすべて見る】

ここ日本においても同じく、J-POPの多様な音楽性が象徴するように、あらゆる地域や時代の音楽を取り込みながら、複雑かつ多様化していると言える。

そんな日本の音楽シーンに置いても、とりわけ異彩を放つ先鋭的な音響アーティストを集めたイベント「NOTHING FEST」が、4月18日、東京・練馬にある廃工場を改築した多目的空間・桜台 poolにて開催された。

ノイズ音楽レーベル・[…]dotsmarkの代表・平野Yさんらが中心となって開催された本イベントには、ノイズミュージックシーンをはじめ、メインストリームとは一線を画す、ガラパゴス的に進化を続ける音楽や音響表現を展開するアーティスト達が集まった。

今回は「NOTHING FEST」のライブレポートと共に、イベントのトップバッターを務めた、インターネットをコンセプトの源流とするバンド・§✝§(SAS、サス)のライブ映像を公開。また、平野Yさんのコメントも特別掲載する。

§✝§ & TSV - Hassen @ NOTHING FEST




§✝§を構成しているのは、バンド・de!nial(ダニエル)としても活動するswaptvさん、デザイナーとしても活動している50civlさん、同じくde!nialで活動しているさん、urauny名義で画家としても活動している侵理さん。

そして、ボーカルを務めるのは、DJとして多くのイベントに出演しているセーラーかんな子さんだ。

また、§✝§のライブで重要なストロボなど照明のオペレーションはPUNSUCA / TSVさんが手がけている。

インターネットをステージ上に具現化する


コントラスト



中心人物であるswaptvさんは、§✝§の活動はインターネット、とりわけブログ形式のSNSサイト・Tumblrの影響を大きく受けたと語る。

画像投稿を主としたTumblrは、Twitterなどと比べて、言語よりも視覚的な情報伝達に比重が置かれているため、言葉の壁が少なく、より世界をまたいでの感覚の共有がしやすいという。

実際に「NOTHING FEST」で披露された、§✝§のライブパフォーマンスは、言語表現への依存度は低く、インターネット音楽の先鋭ジャンルの一つであるウィッチハウスをベースに、照明や映像、コスチュームなど視覚的な表現アプローチが展開された。

インターネットが育む芸術


アイキャッチのこうほのコピー



§✝§のメンバーである50civlさんは、4月に開催された展示「世界制作のプロトタイプ」の出展者でもある。

本展示には、DOMMUNEを手がける宇川直宏さんや、アーティスト集団・カオス*ラウンジでも活動している梅沢和木さんらが出展し、インターネットと密接に関わり合いながら、芸術活動をしているアーティストが集まった。

インターネットを源流とする§✝§のライブパフォーマンスも同様に、そんなインターネット世代がつくり出した、新たな作品表現のひとつと言えるのではないだろうか。

5月23日(土)に東京・代官山UNITにて開催される「The Release Party」では、§✝§がVJとして参加予定。

同イベントはPARKGOLFさんやSeihoさんら、インターネットを中心に人気を博しているアーティストをはじめ、「NOTHING FEST」にも登場したLLLLも出演予定。

また、5月6日(水)まで、東京・高円寺にあるAMPcafeにて、TSVさんの別名義PUNSUCAとしての展示やde!nialのライブが行われる「MODULATION GYMM展 3DAYS」も開催予定だ。

「NOTHING FEST」に集まった、気鋭のアーティスト達


straytone


straytoneさん

straytoneさん / 写真提供・Yoさん



オープニングアクトを務めた§✝§の後に登場したのは、モジュラーシンセサイザーとテープレコーダーを使い音響表現をする、straytoneさん。会場には、アナログ機器ならではの、どこか有機的な温かさをもった音が心地よく響いていた。

康勝栄


康勝栄さん

康勝栄さん / 写真提供・Yoさん



続いては、4月24日に、ライブスペース「ヒソミネ」と、ソーシャルTV局「2.5D」によるストリーム配信番組『#band』にも出演を果たした、康勝栄さんが登場した。

自作装置とアナログミキサーを用いて、激しいノイズ音を会場に放った。オーディエンスからは、高鳴るノイズ音に興奮気味なムードが感じられた。

LLLL


LLLL

LLLL



続いて、登場したのはエレクトロ・ポップ・アーティストの、LLLL(フォーエル)。

tofubeatsさんらを輩出したネットレーベル「Maltine Records」からのリリース経験もあり、また商業音楽なども多く手がけるトラックメイカーだ。

先ほどまでの、激しいノイズ音とは全く雰囲気の異なる、神秘的なダウンテンポな音楽を披露した。オーディエンスのムードもがらりと変わり、ゆったりと体を揺らし音楽に身を任せていた。

Napalm Death Is Dead with Leecher


NAPALM DEATH IS DEAD with Leecher

Napalm Death Is Dead with Leecher


Napalm Death Is Dead with Leecherのパフォーマンスでは、再び会場を轟音が包み込んだ。

激しい音をかき鳴らすノイズグラインドバンド・Napalm Death Is Deadと、ノイズアーティスト・Leecherさんのコラボは無秩序のようで繊細に、それぞれの音が混ざり合っていた。体全体から発せられるシャウトに、会場は一気に盛り上がりを見せた。

黒電話666


黒電話666

黒電話666さん



続いて登場したのは、前述のストリーム配信番組『#band』にも出演をした、黒電話666さん。

卓上に置かれた改造された黒電話を巧みに使い、激しくも美しいノイズ音をつくり上げていく。ミステリアスな姿と、奇怪な黒電話によるパフォーマンスで、詰め掛けた観客を魅了した。

otori


otori

otori



女性ボーカルのポストパンクバンド・otoriのパフォーマンスは、ポップなメロディを感じさせながらも、どこか共演するノイズアーティストたちに通じる、激しい力強さを感じさせた。

MASS PHALLOCENTRISM ATTACK


MASS PHALLOCENTRISM ATTACK (from ENDON)

MASS PHALLOCENTRISM ATTACKさん(from ENDON)



東京を中心に活動するエクストリーム・ノイズ・バンドENDONのメンバーであるMASS PHALLOCENTRISM ATTACKさんが登場。

激しいノイズ音と、口に含んだマイクが伝える呼吸音。

会場の緊張感が充満する中、オーディエンスの中へ分け入ってきた時には、ライブというよりはひとつの舞台演目を見ているかのような感覚を覚えた。

PAINJERK ELECTRO-ACOUSTIC SLUDGE DITHER TRANSFORMATION SMEAR RAVE DECOMPOSITION


PAIN JERK


PAINJERK ELECTRO-ACOUSTIC SLUDGE DITHER TRANSFORMATION SMEAR RAVE DECOMPOSITIONさん / 写真提供・Yoさん


ノイズシーンの大御所とも言える、PAINJERK ELECTRO-ACOUSTIC SLUDGE DITHER TRANSFORMATION SMEAR RAVE DECOMPOSITIONさんが登場。今回は披露したのは、ノイズ音楽ではなく、四つ打ちのアシッドテクノだった。

意外な音楽表現と、ジャンルを超えたアプローチに集まった観客は驚きと共に、そのパフォーマンスに聞き入っていた。

AXONOX×DREAMPV$HER


AXONOX×DREAMPV$HER

AXONOX×DREAMPV$HER / 写真提供・Yoさん



AXONOX×DREAMPV$HERのステージでは、モジュラーシンセサイザーを駆使する2組によるコラボレーションを披露。

心地よく混ざり合った、ビートとノイズ音は激しい音響表現であると同時に、快感を感じさせる音楽表現でもあった。

JUNKOさん

JUNKOさん / 写真提供・黒電話666さん



伝説的なノイズバンド・非常階段のヴォーカリストであるJUNKOさんがステージに現れると、満員となった会場は大いに盛り上がりを見せた。

独創的なヴォーカルは、時に美しく、時に激しい。観客の心を揺れ動かすような、そんなエモーショナルな力が感じられた。

kazumakubota


KazumaKubotaさん / 写真提供・Yoさん



Kazuma Kubotaさんの重厚で繊細なノイズ表現は、会場に集まったノイズファン達を完全に感服させていた。

切れ味の鋭いノイズ音や、深淵な重さを感じさせるノイズ音など、単にノイズと形容するだけでは足りない、複雑な音の広がりやそれに付随する音楽性を感じさせられた。

安達かおる&アビシェイカー


安達かおる&アビシェイカー / 写真提供・Yoさん



イベントの最後を飾ったのは、アダルトビデオ界の巨匠・安達かおるさんと、群馬を根城とするTip-Topユニット・アビシェイカーのコラボレーション。

酷使される肉体と、それに呼応するかのような激しいノイズが共振する現場を安達さんのビデオカメラが捉える。その映像はプロジェクターに映し出され、激しいパフォーマンスが繰り出されると同時に、記録されてゆくという不思議な美しさを感じさせるグルーヴ感に会場が包まれた。

ノイズレーベル […]dotsmark主宰・平野Yさんが語る、「NOTHING FEST」が持つ意味


タイムテーブル



今回、「NOTHING FEST」主催陣を代表して平野Yさんにイベントに関してコメントを寄せていただいた。

━━今回の「NOTHING FEST」の開催意図・狙いとはなんでしょうか?

平野Y 単純明快に五月蝿くて情報量過多な音響表現の、今日的な集まりというイベントにしたつもりです。

今回のフェスティバルは3分の2以上がノイズでしたが、「ノイズフェス」というような言い方での公式アナウンスは極力避けました。

ノイズを肯定することが本イベントの意図に含まれていたことは確かですが、「それがノイズである」というだけで何か意味が有るものであるかのようなアピールの仕方はしたくなかったし、ノイズ全体を代弁しようとして今回の企画を打った訳でもないからです。

それよりも前述の通り「単純明快に五月蝿くて情報量過多な音響表現の、今日的な集まり」という考え方でこのようなブッキングになった、という説明が自然です。

ですからこのイベントでは、ノイズもウィッチハウスもノイズグラインドもノーウェーヴも一つの切り口として捉えていますし、結果としてノイズの界隈が多く参加するのも当然だと考えています。もう一つのの狙いとしては「エクストリームの日常化」と言ったところでしょうか。

━━昨今のノイズミュージックシーンをどのように感じておられるでしょうか?

平野Y 充実していると思います。2年前に他サイトでも同様の話題でしゃべらせていただいたのですが、その頃と比べてもより充実している様に感じています。

SNSのおかげで情報の発信も入手も容易になりましたし、シーンが多様化・分裂してそれぞれ勝手に活動しているのが素晴らしいですね。

日本にはまともなメディアやガイドとなるものがほぼ皆無なので、ノイズというジャンルそのものに興味を持つと日本語だけで情報を集めるのは大変ですが、それはどのジャンルにおいてもいえることなので…。ノイズは基本的に国際的なジャンルなのですがヨーロッパやアメリカの方も熱いですね。

今の日本のちょっとしたノイズブームは表面的に見ればいわゆる80'sリバイバル、つまりニューウェーヴ/インダストリアルリバイバルとかインディーズリバイバルの巨大な潮流の中にあるという憶測ができなくもないのですが、少なくとも我々の周囲にはそういったものにあやかろうというムードはないです。

そういうムーブメントとは無関係にそれぞれ地道に活動していましたから。

じゃあ現代のノイズと目されるシーンで何が起きて、何がアップデートされていて、何に価値を問おうかという点についても、今回のイベントで検証なり表明できたと思っています。

多様な音楽・音響表現が披露された「NOTHING FEST」は、次回開催も予定されており、今後もノイズシーンやアンダーグラウンドシーン以外にも、多様なアーティストを紹介してくれるだろう。

※記事初出時、一部出演者名に誤りがございましたのでお詫びして訂正いたします