マニー・パッキャオが、スポンサーのサムスンを宣伝するはずが、試合が終わった途端、長年使いなれたiPhoneを使って画像をアップしていたことがわかりました。米Cult of Macが伝えています。
 
現地時間2日、米ラスベガスにおいて、「世紀の一戦」との呼び声も高かったボクシングのドリームマッチ、フロイド・メイウェザー対マニー・パッキャオ戦が行われました。

サムスンとスポンサー契約

パッキャオはチケット売り上げによる収入(いわゆるファイトマネー)のみで8,000万ドル(約96億円)を得たともいわれていますが、サムスンとスポンサー契約を結んだことで、さらに数百万ドルの収入を得た模様です。
 
サムスンとの契約の一環として、パッキャオは試合前の計量時、またリングに向かう途中にもサムスンのGALAXY S6で自撮りをし、その写真をツイッターにアップしました。またサムスン側もパッキャオの試合の舞台裏をGalaxy S6 Edgeで撮影、公開しています。

パッキャオ、実は長年のiPhoneユーザーだった

ところがパッキャオ、実は長年のiPhoneユーザー。以前のツイッターの写真はすべてiPhoneで撮影されたものだったのです。
 
試合が終わって気が抜けたのか、終われば契約に縛られないのかわかりませんが、試合後のツイートは、以前と同じくiPhoneからアップされたものでした。
 
サムスン側としてはあまりおもしろくないですよね、きっと。
 
pacquiao2
 
参照元 : Cult of Mac
執 筆 : lunatic