すべてが秋のワールドカップ(イングランド/9月18日開幕)に向けた強化策のひとつである。ラグビーのアジアチャンピオンシップの香港戦。勝利は当然、問題は日本代表がどう戦うかだった。

「非常にタフな試練だった」と、日本のエディー・ジョーンズヘッドコーチ(HC)は試合後、言った。過酷な環境下で選手に何より求めたのは「エナジー」だった。闘争心、覇気である。

「プレーの雑だったところがよくなった。選手たちの対応力、適応力には感心している。前回の韓国戦(4月18日)の出来は20%だった。きょうは21%に上がった。ここから毎日1%ずつ上げていけば、(W杯初戦の南アフリカ戦の)9月19日は100%になる」

 5月2日。秩父宮ラグビー場の気温は26度まで上がり、直前の合宿地の宮崎より10度ほど高かった。暑い。初夏のような陽射しのもと、日本代表は大型FWの香港に対し、「仮想南ア」を念頭に置いて戦った。

 一番のキーワードは「スペースにボールを運ぶこと」である。スピード勝負である。ラインの裏にスペースがあれば蹴り込んでつぶすこと。速いパス回し、早いテンポで攻めることだった。

 特によかったのは、ターンオーバー(敵ボール奪取)したあとのリアクションだった。後半8分だ。中盤でFWの伊藤鐘史、ヘイデン・ホップグッドのダブルタックルでボールを奪取し、ポイントから素早く左に回す。

 センター田村優が前に持ち出し、スーッと上がってきたライン際のウイング山田章仁に長めのパスをつないだ。山田が快足を飛ばし、左隅に飛び込んだ。いい反応、いい連係プレーだった。山田は「うれしいですね」と満足そうだった。

「ああいうパスはお互いを信じないと通らないパスだと思っていますから。田村のスキルは分かっていたし、彼ならしっかり放ってくれるという理解はあった。うまくコミュニケーションがとれたかなと思います」

 この時期、だれもが日本代表の"生き残り"に必死である。山田は南半球のスーパーラグビー挑戦から一時帰国し、この試合に急きょ出場した。アグレッシブなプレーでスタンドを沸かせた。

 W杯のウイング枠は3人の予定で、いずれ候補6人から半分が落ちることになる。29歳の山田は経験を積み、安定感を増している。

「僕はワールドカップで活躍できるプレーを頭において、ずっとトレーニングしています。周りとコミュニケーションを細かくとっていきたい。やらないといけないことはいっぱいあります」

 結局、7トライの猛攻で41−0と圧勝し、通算2勝0敗とした。実力差を考えて、香港が相手なら、スクラム、ラインアウトをちゃんと組んで、早いテンポで回せばトライは獲れる。むしろ韓国戦(4月18日、56−30で勝利)から改善されたのは、ディフェンスだった。インサイドブレイク(内側を突破されること)を許さず、激しいタックルで相手を倒し切っていた。無失点は評価してもいい。

 もちろん反省も多々、ある。ボールを持っている選手が倒された時、2人目の寄せが遅れたため、「ノットリリースザボール」(ボールを離さない)の反則を再三取られた。相手に与えたPK(ペナルティーキック)20個は多過ぎる。

 またスクラムでも、相手の弱さゆえか、つい前に出てフリーキックの反則を何度か取られた。W杯でスクラムを組んだ時、相手が下がることなんてまずなかろうが、何らかの修正は必要だった。

 選手たちにとっては、まさに「試練」の時期であろう。すべてがW杯のためだから、この大会のために、特に調整することはない。約1週間前にW杯会場のイングランド視察から帰国し、宮崎では時差ボケ頭でハードトレーニングを積んだ。試合2日前にも朝6時からウエイトトレーニングを始め、午前中には1時間、グラウンドでガンガン走り込んだ。

 チームを引っ張る「リーダーズグループ」のひとり、29歳のフルバック五郎丸歩は「今日は暑かった。宮崎はメチャ、寒かったから」と苦笑いを浮かべた。

「南アはセットピース(スクラム、ラインアウト)も強いし、ディフェンスも強い。南アに勝つためには、まだまだでしょう。個人スキルも、フィットネスも足りないし...。全部、足りないでしょ」

 この試合での「(エディー監督の言う)日本のプラス1%は何でしょう?」と聞けば、主将代理の29歳、プロップ畠山健介は「韓国戦より、ワールドカップを意識して、チームがしっかりオーガナイズされていたこと。各ポジションが自分の役割を認識できていたということで1%前進でしょうか。でも、まだ課題も多い」と漏らした。

 W杯が目標だからだろう、だれもが勝利に浮かれていない。あくまでチームは発展途上。一歩、一歩。1%、1%。再び宮崎に移動し、世界一タフな鍛錬がつづく。

松瀬 学●文 text by Matsuse Manabu