子どもの数が34年連続で減少 1950年以降で最少を更新

ざっくり言うと

  • 14歳以下の子どもの数が34年連続で減少し、1950年以降で最少を更新した
  • 人口に占める子どもの割合も過去最低の12.7%で、41年連続で低下した
  • 総務省は「出生数の減少に伴い、先細り傾向が続いている」としている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング