「お金を考えることは家族を考えることです」と菅井敏之氏

写真拡大 (全2枚)

 相続税の課税対象が広がったことや、将来の介護不安などから、親がどれくらいお金(財産)を持っているか知りたいと思っている現役世代は意外に多いのではなかろうか。しかし、「オヤジさぁ、いくら貯金あるの?」なんて突然切り出しても、「何でお前に教えなきゃいけないんだ!」と機嫌を損ねさせてしまうのが関の山だろう。

 そこで、元メガバンク支店長で『家族のお金が増えるのは、どっち!?』(アスコム)の著者である菅井敏之氏に、親子間でアンタッチャブルになっている“懐具合”を上手く探り出すコミュニケーション術を伝授してもらった。

 * * *
――親の経済状態を知ろうとすることは不謹慎なのでしょうか?

菅井:そんなことは全くありません。親にお金がなければ、歳を取って介護が必要になった場合にどう金銭面で支えていくかを考えなければいけませんし、資産があったらあったで、兄弟間の相続争いに発展しないとも限りません。親の資産の「引き継ぎ」は早めに確認しておく必要があります。

 親の財産を知らなければ、たとえば子供が相続するはずだったお金が、銀行のすすめる投資信託に回され、気が付いたら資産が半分に減っていたなんて事態にもなりかねません。親の財産を「守る」ことも子の大切な役割なのです。

――とはいえ、親の経済状況を聞くことは容易ではありません。

菅井:1年に1度しか実家に帰らなかったり、電話もろくにしないような子供に、自らお金の話をしようと思う親はいませんよ。週に1回の電話でもいいから、親とのコミュニケーションを密に取ることが大事です。「今週は何したの?」「病院の検査結果はどうだった?」など、親に関心を持って心を開いてもらわなければ何も始まりません。

――いざ、本題を切り出そうと思ったら、どうすればいいのですか?

菅井:心を通わせただけで、親の財産を知る権利ができたと考えるのは大間違いです。まずは子自らの「資産内容」や「将来考えていること」を親にオープンにするべきです。

 方法としては、現金、預金、株式、不動産などの項目を挙げ、住宅ローンなどの〈負債〉も紙に書き出します。そこに子供の受験や親との家族旅行など将来予定しているイベントも加えたライフプラン表を作成します。子供が「エンディングノート」やライフプラン表を買いて親に渡し、さりげなく親の分もプレゼントすればいいのです。

――確かに子供から先に資産公開すれば、親もマネープランが立てやすいですよね。

菅井:子供にこのようなノートを見せられて感心しない親はいないはずです。こうすることで、「孫が私立に行くなら、このくらい援助しようか」とか「家を壊してアパートを建ててから相続しよう」など、親の支援を受けられる見込みが立つかもしれません。

〈お金のことを考える〉ことは、〈家族のことを考える〉ことなのです。そこを透明化しておかなければ大塚家具のように骨肉の争いになってしまいます。親子でもホウレンソウ(報告・連絡・相談)は欠かせません。

――元バンカーの菅井さんのアドバイスだけに、説得力があります。

菅井:銀行だって1年間何の音沙汰もなく決算書しか渡してこないような会社にはお金を貸しません。その代わり、経理部の部長や課長が自ら銀行に足を運び、決算説明をしてくれるような会社なら、困ったときでも運転資金を融資しやすくなります。

 これは親子でも同じことです。親を金融機関だとすれば、あなたに融資してくれるかもしれないありがたい存在。そう考えると親に対する態度も変わってくるはずです。

――中には「親のお金なんかアテにせず、自力で資産を増やすぞ」と思っている子供もいます。

菅井:資産を増やすためには、自分の収入だけを頼りにしていたのでは難しい。40代、50代のサラリーマンの中には、自分の将来的な社内ポストも見え、自分のことを「将来性の低い赤字会社」だと思っている人もいるでしょう。

 でも、親会社である親がお金を持っているならば、現実としていずれ相続をすることになりますし、トータルで見たらプラスになります。

 銀行では親と子の資産を「連結する」考え方は当たり前のことです。子供が組む住宅ローンの審査がきびしいときには、親の資産を連結して見ることで「資産背景は十分」だと判断されるケースもありますからね。

 仮に、将来的に新しい事業をおこしたいとか、店を開きたい、妻がプチ起業を考えている……などの夢を持っているならば、多くの事業資金を安い金利で銀行から「調達」しなければなりません。

 その際、親の資産と連結ベースで審査してもらえば、調達できるかもしれないのです。将来の選択肢を増やす意味でも、親のいまの経済状態、資産内容を早めに知り、銀行を「味方」につけておくのは決して悪いことではありません。

――ゴールデンウイークで帰省したり、親が田舎から出てきたりしている人も多いと思います。家族で「お金」の話をするのには絶好の機会ですね。

菅井:家族みんなが安心して豊かに暮らすためには、隠し事のない“ありのまま”の「お金」を教え合うのが一番です。GWも後半ですが、休みの間にぜひ家族で将来のマネープランについても話し合ってほしいと思います。

●菅井敏之(すがい・としゆき)/1960年生まれ。1983年三井銀行(現・三井住友銀行)に入行。個人・法人取引、金沢八景(横浜)や中野(東京)の支店長などを歴任。48歳のときに銀行を退職。アパート経営やカフェ経営で生計を立てる。2014年3月に発売した著書『お金が貯まるのは、どっち!?』(アスコム)は40万部のヒット。

●撮影/山崎力夫