日本ハム首脳陣が大谷翔平を問題視 栗山英樹監督ら意識改革を促す

ざっくり言うと

  • 大谷翔平は4月26日に右ふくらはぎをつり今季2度目の途中降板をした
  • 日ハム首脳陣は、昨年から通算5度目となる同じ症状による途中降板を問題視
  • 本人の問題意識に変化が見られない限り、大谷の好きにはさせないという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング