特効薬はない、更生への賽を投げるのは自分 Sergey Nivens/PIXTA(ピクスタ)

写真拡大

 4月28日、日本でのカジノ解禁に向けて、自民党、維新の党、次世代の党の3党がカジノ解禁法案を提出した。マネーロンダリングや治安維持など、周辺対策が不十分との声が高く、先の衆議院解散で廃案となった法案だが、3党は東京オリンピック・パラリンピック(2020年)までに、どうしても経済効果の大きいカジノを解禁したい意向だ。

 反対意見のなかには、ギャンブル依存症者の増加を懸念する声が少なくない。ギャンブル依存症は、日本ではあまり身近な病気ではなく、自分には縁がないと思っている人は少なくないだろう。しかし、日本にカジノができたら、そうはいえない日が来る。

5年で5倍のギャンブル依存症者を生み出したシンガポール

 シンガポールは2010年にカジノを国内で解禁し、2つのリゾート・カジノをオープンさせた。その結果、同国ではわずか5年でギャンブル依存症者が飛躍的に増えた。

 「私たちが毎週開くリカバリー(回復)・ミーティングには、5年前の約5倍の参加者が集まります。精神科の医療機関でも、治療を求めるギャンブル依存患者が目立って増えています」と、ギャンブル依存者のリカバリー活動を支援しているNPO「ワン・ホープ・センター」の代表ディック・ラム氏は言う。

 政府が用意したギャンブル依存症対策審議会(NCPG)のヘルプラインには、2009年の設置時の約4倍、年間2万件以上の電話相談が殺到しているという。

 そもそも、このカジノプロジェクトは、効果的に外貨を落とす外国人を誘致するのが目的だった。対象は外国人だが、国民に与えるリスクは高い。ギャンブルに依存症はつきものだからだ。

 もちろん、シンガポール政府は国民をギャンブル依存に陥れることは本望ではない。カジノへの入場には、外国人は無料だが、国民は1日100シンガポールドル(約1万円)が課せられる。

 しかし、一度カジノの味をしめた者にとっては、100ドルなどたいした金額ではない。一晩で何千ドル、何万ドルの金が動く。ビリオネラー(億万長者)も夢ではない世界だ。実際、「ワン・ホープ・センター」の患者には過去にビリオネラーを経験した人も少なくない。

 ある男性は、数年前にビリオネラーとなった。誰もがうらやむリッチな生活も味わったが、生活はすぐに破綻した。「お金どころか、人生丸ごと"全て"なくした」と、深いさびしげな表情を浮かべる。近親者とも縁が切れたという。

 それでも、「ワン・ホープ・センター」の名のとおり、希望を失わず、今はギャンブルをやめ、地道に働き借金の返済を続け、毎週のミーティングに定期的に通い、堅実に生きている。

依存症は、脳内のモルヒネ様物質が関連する脳の病気

 「リカバリー(回復)・ミーティング」は、世界的にポピュラーな依存症者の治療法のひとつだ。治療効果が高いことで知られている。

 参加者が輪になって話し合いをする場面が、外国映画のワンシーンに出てくるが、まさにそれだ。同じ体験をした者が、定期的に顔を合わせ、話し合いや傾聴しながら、自己開示したり共感したりするなかで、再発防止の力をつけていく。

 ただ、定期的にミーティングに参加するだけ。だが、それを継続するところに意味がある。ギャンブルから足を洗い、日常生活を取り戻した今も、多くの人がリカバリー・ミーティングに通い続けるのはなぜか。それは、彼らが本当にリカバリー(回復)していないからだ。依存症は"不治の病"といえる。

 最近では、脳の働きを調べるPET(ポジトロン断層法)検査による研究が進み、依存症は脳の病気と位置づけられている。一度 この"病気"にかかると、「快感」や「高揚感」を感じる脳内物質「エンドルフィン(麻薬様物質)」の作用が、健全な人とは異なってしまう。

 つまり、依存症になると、普通の人が興奮するような、たとえばスポーツなどでは高揚感を得られず、ある特定の刺激に反応する。脳内麻薬といわれるエンドルフィンが多量放出され、たまらない誘惑を感じるように変化してしまうのだ。

 いつまでもギャンブルの誘惑がつきまとう。表面上、治ったように見えるだけ。いつまでも、ギャンブルの快感に再びおぼれそうになる自分と闘い続けなければならないのだ。

治らない病気を一生背負い続ける

 闘うのは、自分だけではない。ギャンブル依存症に金銭トラブルはつきものだ。必ず、家族を巻き添えにする。経済的、心理的な家族の痛手は大きい。

 「ワン・ホープ・センター」では、利用者は必ず最初にマネー・カウンセリングを受ける。負債額を明らかにし、返済の可否や自己破産の道筋などを、家族を交えて検討する。家族を返済義務から守るため、あるいは関わりを拒否して離婚するケースは多い。後始末の大きさは、ギャンブル依存症の特徴だ。
 
 また、一家に子どもがいると、影響力はさらに増す。進学や希望の仕事への就労など、子どもの将来の選択肢の幅は、ぐっと狭まる。親の甚大なストレスにさらされ、あるいは家庭内暴力を受けたりして、精神的に不安定になる子どももいる。精神疾患を発症するケースも少なくない。

 すべての発端は、ギャンブルだ。ギャンブル依存症は、傍目には日常生活に見えても、本人には闘いの毎日が10年、20年経っても続く。

 「ワン・ホープ・センター」のある"十年選手"は「何年経っても、休日が怖い。ひまな時間があると、ギャンブルの誘惑に負けそうになる」と嘆く。別の男性は「先週もギャンブルの高揚感から逃げたい気持ちになった。一日中、不安と恐怖にやられた」と話した。

 れっきとした病気だが、特効薬はない。「二度とギャンブルはしない」と、気を確かに持ち、誘惑を遠ざける生活を続けるしか、再発防止の手立てはない。それには、同じように辛酸をなめた仲間と定期的に会って、互いの無事を確かめ合い、苦しさを吐き出し、励まし合うリカバリー・ミーティングが功を奏する。

 参加者の一人はいう。「最初は皆、本当に絶望的だ。私も家族に連れられて、ここに来たときは、お先真っ暗。でも、金策のカウンセリングを受けて一筋の光が差し、ミーティングで体験者の思いを聞き、少しずつ孤独感が和らいだ。やっと少しだけ、笑えるようになった。もう笑いのない生活には戻りたくない」

 日本でもギャンブル依存症者のリカバリー・ミーティングは、全国的に開かれているが、民間の自助グループが、カジノ解禁の余波をどこまで受け止めきれるかは未知数だ。
(文=編集部)

参考〉
http://onehopecentre.org
http://www.medicaldaily.com/gambling-addicts-brains-dont-have-same-opioid-systems-others-307392
http://news.asiaone.com/news/singapore/hard-pin-down-social-costs-irs