近藤共弘、パットが決まらず追撃に失敗(撮影:米山聡明)

写真拡大

<中日クラウンズ 最終日◇3日◇名古屋ゴルフ倶楽部 和合コース(6,545ヤード・パー70)>
 突き放されたが、近藤共弘にとって次につながる4日間の戦いだった。国内男子ツアー第2戦「中日クラウンズ」。3位タイからスタートした近藤は、トータル6アンダーの2位タイで地元での戦いを終えた。
国内男子ツアーの最新情報を写真でチェック!
 2年連続最終組でのラウンドとなった最終日。前年以上の調子の良さに気合い十分だった。「5バーディ・ノーボギーで10アンダー」で頂点を目指した。その言葉通りに1番で奥1メートルにつけると、3番では7メートルを沈めて早くもこの日2つのバーディを奪いトップのI・J・ジャン(韓国)に並んだ。
 このまま一気に突き抜けたいところだったが、勢いはそこでパタリ。その後バーディを奪うことはできなかった。それでもパーを並べ続けジャンに食らい付いていたが、14番でボギー。それを見届けたジャンが7メートルをねじ込みナイスパーセーブ。3打差に広がったこと以上に、「これで流れ的にしんどくなった」と気持ちが折れた。戦いを終えた近藤に笑顔は無かった。
 「パットを決め切れなかった」と振り返った今日のラウンド。3番以外のバーディパットはことごとくショート。それにより大きくオーバーせずパーを拾ったという面もあったが、目標の5バーディを奪うことができなかったことを悔やんだ。「(速くて硬い)グリーンに慣れすぎてしまったのか、はたまた昨日打ちすぎたことで気持ちが消極的になってしまったのか。2バーディじゃ勝負にならないですよね」。
 ただ、賞金王を狙う“今シーズン”という意味では収穫の多い大会でもあった。地区オープンや海外の試合に出場せず「東建ホームメイトカップ」に臨んだ近藤は今大会が今季2戦目。開幕前は試合感に不安を抱えていたが、徐々に解消しつつある。
 「前回もそうだけど、今大会も4日間戦うというのが自分の最低限の目標だった。感覚を取り戻すという意味でもね。そんな中、初日の後半から良くなって、最終日こういう位置で回れたのは良かった。まだ怖がってる部分もあるけど、良い方向に向かってる」。
 ショットに関しても「去年よりも今のほうが良い。技術が上がってる」と手応え。まだラウンド中は「スイングに気が行ってしまっている。それがすっとできれば」とあとはその“違和感”を取り除くだけだ。「練習して調子を上げていきたい。日本プロから良い感じでいければ」。あと一週間で調整し、2つ目のメジャータイトルに挑む。
<ゴルフ情報ALBA.Net>