申ジエ、勝利のバーディパットを決めて、歓喜の万歳!(撮影:ALBA)

写真拡大

<サイバーエージェント レディス 最終日◇3日◇鶴舞カントリー倶楽部・西コース(6,515ヤード・パー72)>
 一時は首位を陥落しながらも終盤に圧巻の強さを見せ、菊地絵理香、木戸愛を振り切り、今季初優勝を果たした申ジエ(韓国)。最終18番で2mのバーディパットのカップインを見届けると、パターを手から離し、大きな“万歳”。「最後のパッティングに時間がかかった。胸がドキドキして落ち着かせようと思ったので」といつもより長いルーティンが緊張を物語っていた。
『サイバーエージェントレディス』をLIVEPHOTOで振り返る
 昨季挙げた4勝のうち3勝は単独首位で最終日を迎え、すべて逃げ切った。だが今大会の最終日の前半はスコアを伸ばせず、ハーフターン時には木戸に2打差をつけられていた。後半に入り、13番、14番、16番でバーディを奪い木戸には再逆転したものの、今度は菊地が伸ばしており、最終18番を前にして並ばれた。
 だが「プレーの流れが良くなかったのではなく、木戸さんや菊地さんが走っていても、自分にもチャンスが来ると思っていました」と熾烈な優勝争いにも“元世界ランク1位”は心は揺るがなかった。ウイニングパットの瞬間以外は…。
 昨年よりも早い優勝だが、「今年から新しいスポンサー(スリーボンドホールディングス)が応援してくれているので、未勝利への焦りがあった」という申。迎えた9戦目の、“2010年に制しており、出場すればすべて3位以内”と最も得意とするコースで、そのプレッシャーを払拭する、節目の“国内10勝目”を手に入れた。
 「今季は賞金女王になることを宣言して始めた年。今回の優勝で一歩近づくことができた。これからはメジャーなど大きい大会が待っているのでコンディションを調整して挑みたい」。昨季は4勝。本気で“トップ”を狙ってきた今季はいったい幾度、戴冠するつもりなのだろうか。
<ゴルフ情報ALBA.Net>