映画史上最も怖いモンスターはエイリアン!

写真拡大

『エイリアン』が映画史上最も恐ろしい生物に選ばれた。

新作の製作が予定

1979年に俳優ジョン・ハートの胸を突き破って初登場したエイリアンが、『アルゴ探検隊の大冒険』の骸骨剣士を抑えてラジオ・タイムズ誌の読者によってトップに選ばれた。トップ10圏内には最近の映画が「ハリー・ポッター」シリーズの吸魂鬼と2006年作『パンズ・ラビリンス』のペイル・マンの2作しかランクインしない結果になっている。そして3位には『遊星からの物体X』、4位には『エルム街の悪夢』の殺人鬼フレディ・クルーガー、5位にスティーブン・スピルバーグの『ジョーズ』がそれぞれ続いた。

ほかにもドラキュラ、ゴジラ、殺人人形チャッキーなどがトップ10入りを果たす中、圏外には「スター・ウォーズ」シリーズのジャバ・ザ・ハット、ターミネーター、『ゴジラ』に登場するティラノサウルスなどの名前が並んだ。

今回の番付でトップに輝いたエイリアンは、ニール・ブロムカンプ監督によって新作の製作が予定されている。ブロムカンプは20世紀フォックスと同作の製作に向けて正式に契約を交わしており、その新作が『チャッピー』の制作中に『エイリアン』の主演女優シガニー・ウィーバーと交わした会話がきっかけになったと明かしていた。「『チャッピー』の撮影を行っている時に、シガニー・ウィーバーと話したことでたくさんの考えを与えてくれたよ。僕が持っていたアイデアにはシガニーが入っていない、違ったアイデアだったんだ。でも『チャッピー』の撮影中にシガニーとたくさんの時間を過ごしていたら、ちょっと待てよ、これってすごい面白いことになるんじゃないかって思ったんだ」

Written&Photo by bangshowbiz