投資情報会社・フィスコ(担当・村瀬智一氏)が、株式市場の4月27日〜5月1日の動きを振り返りつつ、5月7日〜5月8日の相場見通しを解説する。

 * * *
 先週の日経平均は下落。30日には今年最大の下げ幅を記録し2万円の大台を割り込むと、週末には一時4月6日以来の19400円を下回る局面もみられている。海外株安の流れを受けて売りが先行した東京市場だったが、その後は日銀の金融政策決定会合の結果待ちの中、ポジション圧縮の流れが強まった。日銀会合の結果については想定通りの現状維持だったがアク抜けとはならず、大型連休を控えてのポジション圧縮なども続く中、下げ幅を拡大させていた。

 また、決算発表が本格化するなか、注目されたファナック<6954>は、2015年3月期から配当性向を従来の2倍の60%に引き上げると発表。また、総還元性向で、今後5年間の平均で最大80%の範囲内で自社株買いを行うと伝えられるなか、買い気配スタートとなった。一方、期待はずれともなれば嫌気売りから大きく売り込まれる動きもみられており、手掛けづらさも意識されている。

 今回のファナック<6954>の還元策により、相当サプライズのある対策を発表できないと、一時的な株価反応にとどまる可能性がある。また、ハードルが上がった感があり、業績に安心感があるものの、増配や自社株等が見送られると失望につながる展開もみられており、過剰反応をみせてくる可能性が高くなりそうだ。そのため、決算一巡後に改めて見直される可能性があるため、冷静に対応しておきたいところ。

 今週は連休となり、連休明け後は2日間の取引となる。且つ、連休明け後の週末にはオプションSQ(特別清算指数算出)を控えているほか、米雇用統計もあるため手掛けづらい展開は続きそうだ。実際に売買をするとなると、雇用統計が通過する翌週からになりそうだ。